学芸大学に合格しようプロジェクト⑧(国際教育、情報教育、環境教育)

【学芸大学に合格しようプロジェクト⑧】
こんにちは。二次試験に対する緊張や不安できつい時期ですが、合格した後のことをイメージしながら頑張ってください。大学生になったら、部活やサークル、バイトなど楽しいことがたくさん待っています!皆さんのご入学を部員一同心待ちにしております。
本日は国際教育学科、情報教育学科、環境教育学科について、所属する学生自身の経験を中心に載せさせていただきます。少しでも受験生の皆様の不安をやわらげることができましたら幸いです。

〈初等教育教員養成課程国際教育選修〉
私はセンター試験で失敗してしまいました。しかし前期入試の面接でその失敗を帳消しにできるくらい差をつけることができたので合格することができました。私自身の経験から、二次試験の面接までの残りの一か月で、できる限り様々な国際的な経験をしておいたほうが良いと思います。私もボランティアで外国人の子どもに教える体験をしたり、英語しか話せない英会話教師に英会話を習ったりしました。その国際的な経験は必ず面接のどこかで活かすことができます。
国際教育の授業では世界の教育について学ぶ授業や外国からの留学生たちと言語を教えう授業などがあります。そして自分の授業の選択次第では、好きな教科を専攻することができます。教員志望で、なおかつ外国に少しでも興味がある方ならとても充実した大学生活になると思います。皆様のご入学を心待ちにしております!
協力:1年 小林

〈初等教育教員養成課程情報教育選修〉
3年前の二次試験は数学の大問が4つ400点満点でした。あくまで参考ですが、大問4つのうちひとつでも完答できれば、他は部分点をもらえる程度の点数で合格点に達する可能性は高いと思います。問題はとっかかりが分かればスラスラできるので、落ち着いてじっくり考えることが重要です。
この学科ではプログラミングやICT教育などこれからの教育界でとても役に立つことを学ぶことができます。さらに学科自体の授業数は全く多くないので授業を多くとる余裕もあり、選択次第では数学の免許を取ることもできます。皆様のご入学をお待ちしております!
協力:3年 土屋

〈初等教育教員養成課程環境教育選修〉
この学科の二次試験は300点満点で理科または社会での受験となります。理科か社会のうち得意な方の科目で受験できるので、受験生が全体的に点数を取りやすいとも考えられます。そのため、センター勝負となりやすいとの見方もあります。センターに手応えを感じている方は、心に余裕をもって落ち着いて対策を進められると思います。センターで失敗してしまった方も、得意な方の科目をさらに伸ばして二次での挽回を図りましょう。
この学科では文系理系を超えて学ぶことができ、それなりに努力は必要ですが、理科の免許も社会の免許もとることができます。人数が少なくアットホームな学科で、教授にすぐに名前を覚えていただけます!皆様のご入学を心待ちにしております。

何か質問などございましたら、コメントや東京学芸大学硬式野球部のDMなどでお気軽にお尋ねください。

 

 

 


2件のコメント

  1. 学芸大学のA類国際教育専修を目指している者です。私は面接試験そのものに臨むのが初めてで、どんなことが聞かれるのか、本番の空気感はどうなのか、など気になることがたくさんあります。当日の様子(質問内容、雰囲気)などをすこしでも教えていただきたいです。よろしくお願いします。

    1. 橘内様
      こんにちは。ご質問ありがとうございます。返信が遅くなり申し訳ありません。

      A類国際教育専修1年の者です。面接の質問については自分の長所・短所や志望理由、どんな教員になりたいかなどシンプルな質問しか聞かれませんでした。ただ、そのシンプルな質問に対する答えに対して、さらに深く聞かれることもあるので、自分の答えたことに対してさらに聞かれても良いように準備しておくと良いと思います。
      当日の雰囲気としては、1つの部屋に全員の国際教育の受験生があつまり、とても緊張感があります。最後の方の受験番号の人は自分の番がくるまで2時間程、あまり姿勢を崩さずに待つことになるので最後の方の受験番号になった場合は、覚悟して行くことが大切だなと感じました。面接では結構な差がつくので、是非高得点を獲得し、合格を手にしてください。

      これはあくまで昨年受験した部員の経験ですが、橘内様の不安を少しでも和らげることができましたら幸いです。部員一同心から応援しております。ご入学をお待ちしております。
      〈文責〉A類国際教育選修1年 小林

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)