学芸大学に合格しようプロジェクト2018 国際教育、多文化共生

このサイトに掲載されている情報は全て個人から聞いたものであり、東京学芸大学の公式の情報ではありません。また、受験様式が変更されている場合もございます。その点をあらかじめご了承の上、受験勉強の参考にしていただければと思います。

それでは、国際教育、多文化共生の情報を掲載していきます!

〈掲載項目〉
①学科で主に取得されている免許
②入学動機の例
③忙しさ
④学科の性格
⑤進路選択の様子
⑥初等と中等での差・同じ免許を取ることができる学科との差

<初等教育教員養成課程国際教育選修>

① 必須免許…小学校免許
必須免許以外に主に取得されている免許…中高の英語、社会、国語 幼稚園の免許

② グローバル化に対応した教員になりたい

③ 必修は多くないですが、副免を取ると少し忙しいです。

④ 学年に1人は留学生がいて、人数も20人前後と少ないため、とてもフレンドリーです。

⑤ 小中高の教員、企業などへ就職

⑥ 複数の選択肢から副免許で取る教科を選べる。

<教育支援課程教育支援専攻多文化共生コース>

① 中高の英語免許、社会免許(サブコースによって)

② 国際的なことに興味がある、英語免許が取りたい。など

③ 教員免許取る人はなかなか忙しい

④ 女子が8割以上。

⑤ 教職以外の職種に就職する人も多い

ご協力いただいた、国際教育、多文化共生の方、ありがとうございました!

昨年の、「学芸大学に合格しようプロジェクト 多文化共生」

「学芸大学に合格しようプロジェクト 国際教育」

もよかったら参考にしてください!


2件のコメント

  1. A類国際教育志望です。夜分遅くにすみません。
    二次試験の面接で聞かれる内容や試験までにやっておくべきことを教えてください。

    1. 結城様
      おはようございます。コメントありがとうございます。
      文量の都合上、硬式野球部の公式メールアドレスから返事を送信させていただきます。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)