学芸大学に合格しようプロジェクト2018 技術科

このサイトに掲載されている情報は全て個人から聞いたものであり、東京学芸大学の公式の情報ではありません。また、受験様式が変更されている場合もございます。その点をあらかじめご了承の上、受験勉強の参考にしていただければと思います。

それでは、技術科(初等教育教員養成課程ものづくり選修、中等教育教員養成課程技術専攻)の情報を掲載していきます!

〈掲載項目〉
①学科で主に取得されている免許
②入学動機の例
③忙しさ
④学科の性格
⑤進路選択の様子
⑥初等と中等での差・同じ免許を取ることができる学科との差
⑦センター得点率

<初等教育教員養成課程ものづくり選修>

① 必須免許…小学校免許
必須免許以外に主に取得されている免許…小免、幼免、中学の技術科、工業高校の免許

② 図工や技術が好き
数学科に入りたかったけどセンターの点数が足りなかった。
小免を取りたいだけで、二時試験が数学で受けれたから!(俺)

③ 技術の副免を取ろうと思うと、少し忙しいかもでも普通

④ パリピ

⑤ 小学校の先生が多めで、後は技術、工業、幼稚園の先生や、就職など

⑥ B類(中等教育)技術との差は、B技の方が研究者タイプの人が多いし、少し賢いイメージ。
私たちの学科の方が、小学校の先生に向いているような明るい性格の人が多い。
他のA類(初等教育)と比べると、少人数で仲良くなれる!!11人しかいないから!
数学で受験でき、比較的偏差値が低め

⑦ 60パーセントでも二次試験の数学で逆転可能だけど問題が難しいから、65〜70前半は取っておきたい!

<中等教育教員養成課程技術専攻>

① 必須免許…中学技術 高校工業
必須免許以外に主に取得されている免許…数学も取れる

② 東京へ行きたい。 技術科教員になりたい。数学科に点が届かなかった。 建築家になりたい等

③ やや忙しい、3年次に授業が少ない

④ 真面目と不真面目が両極端 優しくておとなしい人が多い 少人数だからみんな仲が良い

⑤ 教員志望は6割ぐらい(小中高) あとは企業等

⑥ Aものづくりよりおとなしい 、Aものづくりはよく発表する

⑦ だいたい7割前後(590〜670) で 理科(基礎2、基礎なし1)の選択が多い

技術科の皆さん、ありがとうございました!

ご質問等お気軽にどうぞ!


2件のコメント

  1. 東京学芸大 B類技術専攻に出願した者です。
    センター試験の点数は660点程で、一応A判定が出ていたのですが、
    技術専攻に受かられた先輩方は2次試験の数学では何割ほど得点できていたか教えていただけないでしょうか。
    例年合格最低点が非公表となっており、なかなか把握しづらい状況です。
    よろしくお願いいたします。

    1. みか 様

      こんにちは。コメントありがとうございます。

      B類技術科に所属する学生によると、センター試験で660点とれていれば、解ける問題をしっかり抑える(具体的には、各問題の(1)、(2)を確実に)だけでも合格の可能性は高いそうです。彼の代だと、センター600点程度、2次試験4、5割程度で合格した学生もいるとのことでした。
      あくまで一例のため、参考程度にしていただければと思います。
      合格をお祈りしております。

tgu にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)