学芸大学に合格しようプロジェクト2018 家庭科

このサイトに掲載されている情報は全て個人から聞いたものであり、東京学芸大学の公式の情報ではありません。また、受験様式が変更されている場合もございます。その点をあらかじめご了承の上、受験勉強の参考にしていただければと思います。

それでは、家庭科(初等教育教員養成課程家庭選修、中等教育教員養成課程家庭専攻)の情報を掲載していきます!

〈掲載項目〉
①学科で主に取得されている免許
②入学動機の例
③忙しさ
④学科の性格
⑤進路選択の様子
⑥初等と中等での差・同じ免許を取ることができる学科との差
⑦センター得点率

<初等教育教員養成課程家庭選修>

① 必須免許…小学校免許
必須免許以外に主に取得されている免許…中学家庭、高校家庭

② 教員志望で、国立で、ソフトボール部が強くて、家庭科が好きだから。
教員志望で、国立で、ソフトテニス部が強いから。

③ 1.2年生は授業もそこまでキツくないです。
3年生は教育実習あたりから忙しくなり、実習中は大変です。
4年生は程よく余裕があり、程よく忙しいです。(実習、教採、部活、卒論)

④ 女の子が多いけど男子もいます。明るく学科内の結びつきは強いです。
他学科とは、それぞれのサークルや部活で関わっています。お菓子作りや、料理作りが好きな人が多いです。

⑤ A類(初等教育)はほとんど小学校全科、就職の人もいます。実習後くらいに進路が分かれてきました。

⑥ B類(中等教育)はあまり教員にならず、就職が多いです。専門知識が身につく分、そこ特化した仕事をしたくなるのだと思います。a類はやわらかく、B類ははお堅いイメージです。

⑦ センター試験は7割前後の人がほとんどです。7割ないけど入れたっていう人もいました。A類希望の人がB類と併願で受けて、B類に入った人もいます

<中等教育教員養成課程家庭専攻>

① 必須免許…中高家庭科免許
必須免許以外に主に取得されている免許…幼稚園免許、小学校免許、中高英語、特別支援

② 子供が好きなので
児童学について
学びたかった。

③ 必須免許だけならとてつもなく暇
(1年週4、2年週3、3年週1の授業日)

④ 理系が多めなので意識高い
人が意外と多い。

⑤ 中高家庭科5割、
一般企業5割

⑥ 666点くらい(74%)

ご協力いただいた家庭科の皆さん、ありがとうございました!

ご質問等お気軽にコメントへどうぞ!


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)