学芸大学に合格しようプロジェクト2018 書道科

このサイトに掲載されている情報は全て個人から聞いたものであり、東京学芸大学の公式の情報ではありません。また、受験様式が変更されている場合もございます。その点をあらかじめご了承の上、受験勉強の参考にしていただければと思います。

それでは、今日は中等教育教員養成課程書道専攻の情報を掲載していきます!

〈掲載項目〉
①学科で主に取得されている免許
②入学動機の例
③忙しさ
④学科の性格
⑤進路選択の様子
⑥初等と中等での差・同じ免許を取ることができる学科との差

① 必須免許…高校書道、中学国語
必須免許以外に主に取得されている免許…
高校国語はほとんどの人がとる
ほかには小学校、司書教諭、学芸員など

② ぶっちゃけ本当に高校書道の教員になりたくて入ってくる人はあんまりいない
国語に入りたかったけどセンター足りなかったとか、
センターうまくいかなかったけど絶対国立入りたいとかもまあまあいる

③ かなり忙しい
書道の免許と国語の免許が必修だから、両方の授業をとらないといけない
卒論と卒制3作品必ずやらないといけない

④ 学年によるけど、まあ真面目な人が多い

⑤ 今年は書道の教員になったのは20人中2人
就職も半分くらい?

⑥ 国語よりは簡単に入れるらしい

二次はたしか国語と書道理論と実技だと思います。
実技は古典の臨書ができれば大丈夫なのかな。

ご協力いただいた書道科の方、ありがとうございました!
ご質問等お気軽にどうぞ!


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)