部員紹介NO5 加藤清一朗

「超人・違人(いじん)」まさに彼のことを言っている。
水泳、陸上、サッカー・・・何をやらせても万能で、どんなに走っても疲れずどんなに食べてもどんなに脱いでも耐えられる、まさにフィジカル鬼‹加藤清一朗›!!

彼が一番苦手なもの。それがbaseball
ー野球が俺の人生を狂わせたー
これが彼の口癖だ。

そんな彼の伝説は浪人時代からはじまっていた
朝刊配り、予備校、睡眠時間4時間という違人(いじん)生活。
そして現在、裸で走るアスリート=加藤清一朗は当たり前
誰にもマネできないものを持っている、魅力的なスポーツマンなのである。

また加藤はよく嘘をつく。
しかし彼の弱点はその嘘を忘れること
そのため結局自分にふりかかってくるという何とも残念な人間でもあるのだ。

こんな彼に部員たちは日々癒され支えられている

肩の故障から奇跡の復活を成し遂げた超人は
またどんな伝説を残してくれるのだろうか。
かれの“まさか”の言動にみんな期待している・・・☆


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です