-OPEN戦 vs大東文化大学-

3月も残り数日。
1日には、いよいよ春季リーグ戦が開幕致します。
学芸大学は第2週からの登場となりますが、日々緊張感の高まりを実感しています。

さて、本日はナイターということもあり冬に逆戻りしたような寒さの中での試合となりました。

以下に試合結果をご報告致します。

対大東文化大学(飯能市民球場)

 大東文化 000 000 000 0
 東京学芸 000 200 00X 2

▼バッテリー
 小泉、柴田、木村-次郎丸

 この試合の先発は小泉(4年:前橋)でした。今日の小泉は五回を投げて被安打1と、安定感抜群の投球を披露。
続く柴田(4年:日野)は、出塁を許しピンチを招きますが、後続をきっちりと抑え堂々のピッチング。七回からマウンドに上がった木村(3年:金沢泉丘)は、気迫のこもった投球で相手打線に攻め入るスキを与えませんでした。
 この試合、三投手とも、マウンド上で躍動するその姿からは、リーグ戦を見据え、強い意気持ちが漲っているように感じられました。

 一方で、攻撃面はというと、序盤は相手投手の好投に阻まれ、なかなかチャンスをものにできませんが、そんな中迎えた四回・・・。先頭の久保(4年:八戸)が四球を選び出塁すると、稲葉(4年:青森)がヒットで続きます。二死となって増田(4年:高田)が四球を選び二死満塁。ここで打席に立ったのは河村(4年:青森)、左翼へのタイムリーで2点を先制しました。
 その後は、チャンスを作ろうと必死で食らいつきますが、打線が沈黙。チャンスらしいチャンスもないまま、2-0で試合終了となりました。

 ここ数日、悪天候でオープン戦中止が相次ぎ、この試合は待ち望んだ一戦でもありました。リーグ戦に向けて、勝てたことは最低限の収穫とし、まだまだ課題も多く残っています。
リーグ戦前残り1試合のオープン戦・日々の練習を大切にし、修正点はきっちりと見直し、良い緊張感の中で野球に打ち込みたいと思います。

 さぁ、リーグ戦開幕は目前です!!

【次回の試合】
 日時:4月4日(日) 17時グランドイン
 対戦相手:好球倶楽部
 場所:あきる野市民球場

【ご連絡】
 -春季リーグ戦開会式について-
 日時:4月1日(木) 9時30分
 場所:大田スタジアム


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)