~練習納め~

 失礼します。

 昨日をもちまして今年度の練習が終了致しました。
 一年を振り返ると、春季リーグ4位・秋季リーグ5位という結果に終わってしまいました。特に秋季リーグでは厳しい試合が続き、2部降格の可能性があるなか、勝負所で結果を出した4年生の姿は今でも鮮明に思い出すことができます。
 秋季リーグ後は、選手・スタッフ合わせて約30名で練習に励んでおりました。例年に比べ人数も少なく、4年生が抜けたことによる戦力ダウンは否めません。しかしキャプテン真崎や学生コーチが中心となり、練習メニューの変化や野球ノートなどの新しい試みをするなか、選手一人一人が自分自身の野球について「考える」という意識を持ち、野球に取り組むようになったと感じております。

          「すべては春季リーグのため」

 どんなに辛い練習でも、選手の胸にはいつもこの言葉があることでしょう。そして、厳しい冬の練習を乗り越えた春には、一回りも二回りも成長した姿を見せ、絶対に結果を出してくれると私自身信じています。

 今年も多くの方々にご支援・ご声援を頂き、野球ができたことに感謝しております。皆様のご期待に応えられるよう、これからも練習に励んでいきたいと思います。
 この場を借りて、東京学芸大学野球部に関わって下さったすべての方々に御礼申し上げます。本当にありがとうございました。
 来年もよろしくお願い致します。
 


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)