春季リーグ戦 対創価大学2回戦

本日行われましたリーグ戦の結果を報告いたします。

対創価大学(飯能市民球場)

創価 000 012 000 2 5
学芸 003 000 000 0 3

バッテリー:新井(4回)、楡木(5回2/3)、阿部-古川

1(中)真崎
2(一)今
3(左)加藤(陽) 
4(指)川島
5(右)平田
 (守)山崎
6(三)杉町
7(二)井上
8(遊)久世
 (打)中村
9(捕)古川

二塁打:加藤(陽)

今日の試合は教育実習、また授業の関係で3年生と4年生の一部を欠く中での試合となりました。

学芸先発は新井。今リーグ戦初先発のマウンドに上がります。
初回にエラー、パスボール、四球でピンチを招きますが、次打者をダブルプレーに打ち取り、点を与えません。

学芸は3回、一死後から久世が四球で出塁、その後相手ミスも重なり、二死満塁のチャンスを作ります。
ここで今日3番に入った加藤陽平がレフトへのタイムリーツーベースを放ち、2点を先制します。
さらに続く川島がセンターへのタイムリーを放ち1点を追加、計3点を奪います。

新井は4回まで投げ抜き、粘りのピッチングで創価打線を無失点に封じ、マウンドを楡木に託します。

5回、マウンドに上がった楡木は先頭打者に二塁打を浴びると、続く打者にもヒットを許し無死一、三塁のピンチを迎えます。ここで犠牲フライを打たれ、1点を返されます。
さらに続く6回、四球、エラーで招いたピンチで犠牲フライ、タイムリーを打たれ、同点とされます。

しかしその後は楡木も粘りのピッチング。創価打線を封じていきます。
打線は4回以降、ランナーは出すものの一本を出せず、楡木を援護できません。

試合が動いたのは10回でした。先頭打者を四球で歩かせると、バントで進められ一死二塁。
ここで二塁打を浴び、1点を奪われます。さらにもう一本タイムリーを許し、2点を奪われます。

その裏の攻撃はランナーを出すも無得点に終わり、3-5で敗戦となりました。

本日の試合をもちまして、春季リーグ戦における学芸大の全日程が終了となりました。
順位等詳細につきましては本連盟の全日程が終了し次第ご報告いたします。

本リーグに際し賜りましたご支援・ご声援に心から感謝いたします。
2カード続けて勝ち点を奪う幸先のよいスタートとなった今リーグ戦ですが、結果的に上位3チームとの地力の差を改めて実感するものとなりました。しかしその中でも、主将の真崎を中心にチーム全体として取り組んできたことを表現できたリーグ戦であったと思います。
個人・チームの反省を大事にし、次なる秋季リーグ戦へとさらに高い意識を持ち日々の練習に励んでいきたいと思います。
今後とも学芸大硬式野球部へのご支援ご声援、よろしくお願いいたします。


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)