OP戦 対専修大学

本日は、専修大学のBチームとOP戦を行いました。試合の詳細をお知らせ致します

対専修大学(専修大学G)

学芸 006 000 100 7
専修 003 000 300 6

▼バッテリー
阿部(4回)、原(2回)、宮之原(3回)―古川(6回)、安部(3回)

▼二塁打
安部(2年:山形中央)

1 [三→捕] 安部(2年:山形中央) (3-2 2四球)
2 [中] 山崎(4年:盛岡第一) (5-1)
3 [指] 玉井(3年:長野) (4-1 1四球)
4 [左] 青木(3年:三条) (5-1)
5 [一] 金田(3年:八戸工業大学第二) (5-1)
6 [右] 加藤(4年:川越東) (3-0 1四球)
  [走→遊] 井上(4年:柏崎) (1-0)
7 [二→三] 龍池(2年:新潟明訓) (4-1 1四球)
8 [捕] 古川(3年:東海大高輪台) (1-0 2四球)
  [右] 中村恭(4年:金沢西) (1-0)
9 [遊] 日比(2年:桐蔭学園) (4-2)

学芸は初回、先頭の安部が四球を選ぶと、一死から玉井がセンター前へのヒットを放ちチャンスを作り、バッテリーミスの間に二・三塁としますが、後続が倒れ、先制点を奪うことができません。

学芸の先発は阿部。二回までを1安打に抑える順調な立ち上がりを見せます。

三回、先頭の安部が四球を選び出塁すると、山崎がレフト前ヒットで繋ぎ、玉井の四球で無死満塁のチャンス!ここでバッターは青木。ライト前へのヒットを放ち1点を先制します。さらに金田のライトへのヒットで追加点を奪うと、二死から古川の四球、日比のセンター前への2点タイムリーで得点を重ね、打者一巡した二死一、二塁の場面で打席には再び安部。ライト線へのヒットで古川が生還し、この回一挙に6得点!

しかしその裏、先頭打者にエラーで出塁され盗塁を決められると、続く打者に四球を許し、送りバントで一死二・三塁のピンチを招きます。さらに四球とエラーで1点を返されると、ここでセンター前への2点タイムリーを放たれ点差が3点に縮まります。

5回からは原が登板し、二者連続ヒットを許しますが、続く打者のピッチャーゴロを三塁に好送球しアウトを取り、ピンチの芽を摘みます。

7回、加藤の四球、龍池のレフト前ヒットで一・二塁のチャンスを作ると、二死から日比がセンター前に弾き返し追加点を奪います。

7回からマウンドにあがった宮之原は、立ち上がりを攻められ三者連続でヒットを許し、無死満塁のピンチを招きます。内野ゴロの間に1点を返されると、さらに、ライト前・レフト前へのヒットで2点を失い、一点差となります。8回を三者凡退に打ち取り1点差のまま迎えた最終回、一死からセンター前ヒットを許し盗塁を決められ、同点の走者を背負いますが、後続を抑えなんとか逃げ切り、7-6でオープン戦初勝利を飾りました。

久しぶりに勝利のご報告が出来ましたことを嬉しく思います。敗戦や、勝ちきれない試合の報告にもどかしさを感じていた方もいらっしゃったのではないでしょうか…。OP戦とはいえ勝ちにこだわり、自分たちで試合を作る力を身に着けた状態でリーグ戦に臨まなければいけません。試合に出ている・出ていない関係なく、1人1人が自分の役割を理解し、どのような場面においても自覚と責任を持った行動をするために必要なことを、毎日の練習で培っていきたいと思います。引き続き、応援よろしくお願い致します。

DSCN2337DSCN2340
DSCN2343DSCN2347
DSCN2350DSCN2358

【OP戦の日程】
3月20日(水)13:00- vs東京経済大学
【会場】 東京経済大学G
3月21日(木)13:00- vs武蔵大学
【会場】 武蔵大学G

(3年/マネージャー/ 金山千尋)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)