OP戦 対武蔵大学

本日は武蔵大学とOP戦を行いました。詳細をご報告致します

対武蔵大学(武蔵大学G)

学芸 100 000 001 2 
武蔵 000 000 010 1

▼バッテリー
阿部―古川

1 [三] 安部(2年:山形中央) (3-0 1四球1死球)
2 [遊] 日比(2年:桐蔭学園) (3-1)
  [遊] 町田(2年:立命館慶祥) (2-0)
3 [指] 玉井(3年:長野) (5-3)
4 [一] 金田(3年:八戸工業大学第二) (3-2 1四球)
  [一] 今(4年:青森) (1-0)
5 [中] 村松(3年:川越) (4-0)
6 [二] 龍池(2年:新潟明訓) (2-0 1四球1死球)
7 [左→右] 加藤(4年:川越東) (4-1)
8 [捕] 古川(3年:東海大高輪台) (3-0 1四球)
9 [右] 小倉(2年:青山) (1-0 1四球)
  [打] 中村恭(4年:金沢西) (0-0 1四球)
  [左] 中村三(3年:春日部東) (0-0 1四球)

学芸は初回、安部が死球で出塁すると、一死から玉井がセンター前ヒットで繋ぎ、続く金田のタイムリーヒットで先制点を奪います。

先発の阿部は、3回まで三者凡退・7奪三振に抑える抜群の立ち上がりを見せると、その後もテンポのよい投球を続け、相手打線を圧倒します。

追加点を奪いたい学芸は3回、二死から日比がヒットで出塁すると、玉井がレフト前ヒットで繋ぎ、金田の四球で満塁としますが、村松が併殺打に倒れチャンスを生かすことが出来ません。4回、先頭の龍池が死球で出塁すると、加藤がライト前ヒットを放ち無死一・二塁としますが、この回も得点に繋げることが出来ません。

ここまで快調な投球を見せていた阿部でしたが6回裏、四球とヒット、味方の失策で、無死二、三塁のピンチを招きます。しかし、ファールフライで一死、続く打者をライトフライに打ち取り二死、さらにライト小倉の好送球でホームでアウトを取り、相手の得点を許しません。8回、一死から四球を許すと、続く打者にセンターへの三塁打を放たれ同点に追いつかれますが、後続を抑え最少失点で切り抜けます。

9回、先頭の古川が四球で出塁し盗塁を決めると、続く中村三も四球を選び一・二塁のチャンスとします!ここでバッターは安部。鋭い打球で相手のエラーを誘い逆転に成功します!

その裏、先頭打者にセンターへの二塁打を許し、送りバントで一死三塁のピンチを招きますが、後続を抑え2-1で勝利し、3連勝を飾りました!

DSCN2425DSCN2428
DSCN2429DSCN2430

【OP戦の日程】
3月23日(土)13:00- vs北海道大学
【会場】 群馬県いづみ総合公園町民野球場

休日の試合となりますので、ご都合がつきましたら是非球場まで足をお運びください。

(3年/マネージャー/ 金山千尋)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)