リーグ戦 対駿河台大②

こんにちは。

本日は、駿河台大学と試合を行いました。
結果をお知らせ致します。

TEAM|123 456 789|R
駿  河|000 100 002|3
学  芸|020 003 00×|5

【スターティングメンバ―】

1.(9)河西→(9)佐藤(6回表)
2.(8)大音
3.(5)上田→(5)松原(8回表)
4.(7)熊谷→(R7)遠藤(7回裏)
5.(D)長江→(H)吉岡(7回裏)
6.(3)西→(H)小室(6回裏)→(4)土屋(7回表)
7.(6)石山→(H6)馬場(8回裏)
8.(4→3)岩切→(3)織田(9回表)
9.(2)高橋
P.阿部→橋本(5回表)→板倉(7回表)→荻沢(9回表)

学芸大の先発は阿部(3年/一関第一)。初回、ダブルプレーを奪うなど安定した立ち上がりを見せます。すると2回、先制のチャンスを迎えます。主将石山(4年/新潟明訓)がヒットで出塁し、続く岩切(3年/加治木)が四球を選び、迎えるは河西(3年/丸亀)。2球目をライトへと弾き返し、2点を先制します。

先発の阿部は、4回に1点こそ失うものの、終始安定したピッチングを見せ、4回1失点でマウンドを橋本(3年/春日部)に託します。橋本は5,6回をパーフェクトに抑え、攻撃に流れを引き寄せます。

6回の裏、追加点がほしい場面で再びチャンスを迎えます。四球などでツーアウト満塁のチャンスを作ると、岩切、高橋(3年/文京)の連続タイムリーで、この回3点を追加し、相手を突き放します。

橋本の後を受けマウンドに上がったのは、板倉(3年/宇都宮)。板倉は7,8回をしっかりと抑え、相手にチャンスを作らせません。最終回には、公式戦初出場となった荻沢(1年/高岡)が登板しました。荻沢はヒットや四球などで2点を失いますが、堂々としたピッチングでリードをしっかり守りぬき、5-3で勝利しました。

本日の試合をもちまして。春季2部リーグ戦は全日程を終了し、10勝0敗で全勝優勝を飾りました。6月11日、12日には、1部昇格をかけ、高千穂大学との入れ替え戦が行われます。入れ替え戦までの2週間、チームとして十分な準備をし、皆様に「1部昇格」のご報告ができるよう頑張ります。1年生から4年生まで、監督・選手・スタッフ一丸となって戦ってまいりますので、今後とも応援のほど、よろしくお願い致します。

<4年/マネージャー/塚本 千尋>


1件のコメント

  1. 二部全勝優勝おめでとう。来月の入れ替え戦は速報で情報を知る形になりますが健闘を祈りますo(^o^)o

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)