東京都国公立戦 VS東京外国語大学

こんばんは。
本日は東京外国語大学と試合を行いました。
結果をご報告致します。

TEAM|123 456 789|
外大   |000 000 000|0
学芸   |240 000 00☒|6

《メンバー》
1.(9)佐藤→富田(4回表)
2.(4)土屋→中村(4回表)
3.(8)小室→遠藤(4回表)→小谷野(7回表)
4.(3)織田→森田(4回表)
5.(D)大野→飯出(4回裏)
6.(7)福田→本木(4回表)
7.(2)杉高→加賀谷(4回表)
8.(5)馬場→西原(4回表)
9.(6)吉岡→石田(4回表)
P.福島→荻沢(4回表)→大島(8回表)

守備では今期初登板の福島が3回をノーヒットに抑える好投を見せました。
攻撃では1回の裏、2番土屋(2年/韮山)が四球を選び、3番小室(3年/日立第一)が相手のエラーで出塁し、1アウト1.2塁の場面で5番指名打者大野(1年/高松第一)。強烈なセンター前ヒットで2点を獲得します。
そして2回の裏、9番吉岡(3年/土佐)が相手のエラーにより2塁へ進むと、1番佐藤(2年/山形中央)がセンター前ヒットを打ち、1点を追加します。続く2番土屋、3番小室が相手のエラーと四球で出塁し、2アウト満塁の場面で、再び5番大野。三遊間を抜けるレフト前の2点タイムリーヒットにより5-0と突き放します。その後7番杉高(2年/富山中部)のセカンドへのヒットによりさらに1点を獲得しました。
4回からはメンバーが総入れ替えとなり1点を獲得しようとするも、なかなか点に結びつきませんでした。ですが、5回には西原(1年/町田)、6回には森田(2年/豊多摩)がツーベースヒットを放ち、7回には加賀谷(1年/秋田)、8回には小谷野(1年/日本大学第三)もヒットを打ちました。
また、4回からは福島に代わり荻沢(1年/高岡)が7回までを被安打2の無失点に抑えます。
8回からは大島(3年/岡山城東)が、打たせて取るピッチングで0点に抑え、6-0で勝利しました。

今回の試合は実戦経験の多くない選手も出場する中、ピッチャーを中心としてしっかりと1勝ができました。これからも多くの経験を積んで、来週の試合に臨みます。

(2年/マネージャー/永原真季)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です