OP戦 VS千葉商科大学

こんばんは。

本日は千葉商科大学と夏季OP戦初戦を行いました。結果をご報告致します。

《スコア》

学芸大|000 000 002 |2

千商大|000 000 010 |1

 

《メンバー》

1(8)大音

2(4)土屋→(4)馬場(9ウ)

3(5)上田

4(D)長江

5(3)熊谷→(R)石田(9オ)→(7)本木(9ウ)

6(7)河西→(H)小林(6オ)→(7)吉岡(6ウ)→(9)(9ウ)

7(6)石山

8(2)杉高→飯出(8ウ)

9(9)佐藤→(H)織田(9オ)→(3)(9オ)

P橋本→板倉(5回オ)→長縄(7オ)→荻沢(9オ)

 

《長打》

(二塁打) 石山(5.9回)

 

試合は序盤から締りのある展開を見せます。

 

動きがあったのは、3回表の攻撃、先頭の8番杉高(富山中部)がレフトへのヒットを放ち、出塁すると、9番佐藤(山形中央)が初球にバントを決め、1死2塁のチャンスを作ります。その後、2死3塁までランナーを進めますが、相手の堅い守備に阻まれ、無失点に抑えられます。

1469350966166

(↑ヒットを放った杉高)

 

4回表の攻撃、4番長江(開成)がレフトへのヒット。5回表には、7番石山(新潟明訓)が二塁打を放ちます。しかし、打線が続かずどちらのチームも譲らない戦いが続きます。

1469350964074

(↑ヒットを放った長江)

 

守備では、先発の橋本(春日部)が1.2回裏を三者凡退で抑え、テンポ良いのピッチングを披露しました。

1469350957520

(↑テンポの良いピッチングを披露した橋本)

 

橋本は、5回の表に同学年の板倉(宇都宮)にマウンドを託します。板倉は5回裏、1死3塁のピンチの場面でも、落ち着いたピッチングを見せ、5.6.7回を無失点に抑えました。

1469350968753

(↑5.6.7回を無失点に抑えた板倉)

 

8回裏、1死満塁の場面で相手にタイムリーを許し、先制点1点を許します。

 

追う立場で迎えた9回表の攻撃、学芸打線が爆発します。先頭の5番熊谷(山形中央)が、レフトへのヒットを放ち出塁すると、7番吉岡(土佐)が犠打でおくり、1死2塁のチャンスを作ります。

続くバッターは、7番石山。フルカウントから、狙い球を左中間へ弾き返し、1点が入り、同点となります。

 

1469350961401(↑本日2本の二塁打を放った石山)

 

2死2塁の場面の場面、勝負をかけた場面で代打を任されたのは、織田(土佐)。センターへの鋭いタイムリーを放ち、更に1点が入り、逆転します。

 

1469350959449(↑タイムリーを放った織田)

 

試合はそのまま2-1で幕を閉じ、OP戦初戦を幸先の良い勝ち星でかざることが出来ました。

夏本番の8月は、多くの大学とのOP戦が予定されています。体調面のケアをしっかりしながら、秋リーグ戦に向けて、一戦一戦の学びを大切にしていきたいと思います。

これからもご声援よろしくお願い致します。

1469350953744

《3年 マネージャー 土屋史華》

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です