リーグ戦 対駿河台大①

こんばんは。
本日は駿河台大学と試合を行いました。
結果をお知らせ致します。

駿河|001 000 010|2
学芸|001 000 000|1

【スターティングメンバー】
1.(9)河西
2.(8)大音
3.(5)久保
4.(3)熊谷
5.(D)長江→(H)佐藤(9回裏)
6.(6)石山
7.(7)梶原→(H)岩切(9回裏)→(R)遠藤(9回裏)
8.(2)高橋
9.(4)土屋
P.阿部

 

この日の先発は阿部(3年/一関第一)。エースらしい堂々としたピッチングで、2回まで相手にチャンスを与えません。しかし3回、1アウト2、3塁のピンチから相手の内野ゴロの間に1点を先制されます。

image

(↑9回まで1人で投げ抜いた阿部)

 

阿部を援護したい打線はその裏、土屋(2年/韮山)、大音(2年/春日部)がヒットを放って1アウト2、3塁とチャンスを作ると、続く久保(4年/八戸)の内野ゴロの間に1点を返し、すぐさま追いつくことに成功します。

image

(↑二塁手としても好プレーを見せた土屋)

image

(↑2安打を放ち、チャンスを作った大音)

image

(↑チーム唯一の打点をあげた久保)

 

試合はその後、1点を争う投手戦となります。試合が動いたのは8回、相手の先頭打者が出塁、続く打者がバントで送り、ピンチを迎えます。その後のバッターがヒットを放った際、守備のエラーが絡み、1点を失い、相手に1点を勝ち越されます。

追いつきたい打線はその裏、2アウトから相手のエラー、久保のヒットで1、2塁のチャンスを作ります。続く4番熊谷(3年/山形中央)がレフトへヒットを放ち、2塁ランナーが本塁へ突入しますが、相手の好守に阻まれタッチアウト。8回裏の攻撃は無得点に終わります。

image

(↑2安打を放つ活躍の熊谷)

 

迎えた9回の裏、石山(4年/新潟明訓)が2塁打を放つなど、1アウト満塁、一打同点・逆転のチャンスを作りますが、あと1本が出ず、敗戦となりました。

image

(↑最終回、二塁打を放った石山)

 

リーグ戦4試合目は1点差での悔しい敗戦となり、1つのプレーや見えないところでのミスが流れを変えてしまうことを実感した試合となりました。負けた悔しさはもちろんありますが、リーグ戦はまだまだ続いていきます。全日程を終えた時点で頂点に立っていられるよう、気持ちを切り替え前向きに、来週からも試合に臨んでいきたいと思います。土壇場の状況、ギリギリの展開の中で、本当の「勝負強さ」を出せるチームとなれるよう、今日の敗戦を生かしてまいります。

image

(↑試合中の選手の様子)

 

<次回の試合予定>
9月25日(日) 対東洋学園大 13:30PB
【会場】駿河台大学野球場

最後になりましたが、本日は多くのOBの方に球場まで応援に駆けつけていただきました。この場を借りまして深くお礼申し上げます。

今後とも応援のほど、よろしくお願い致します。

image

(↑ベンチ外の選手も一体となり応援を行いました)

<4年/マネージャー/塚本 千尋>


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)