春季オープン戦vs獨協大学

こんにちは。

本日は獨協大学とオープン戦を行いました。

結果をご報告致します。

学│002 000 100

獨│000 200 000

<メンバー>

1.大音(8)

2.土屋(4)

3.岩切(9)→佐藤(7裏)

4.熊谷(3)

5.上田(DH)

6.織田(7)→本木(6裏)

7.小室(5)→飯出(7裏)

8.西原(6)→馬場(7裏)

9.高橋(2)→(PH)河西(7表)→丁野(7裏)

P.阿部→板倉(4裏)→長縄(5裏)→福島(6裏)→大島(8裏)→橋本(9裏)

攻撃では2回、4番熊谷(3年/山形中央)がセンター前ヒットで出塁をすると、5番上田(3年/小松)が正確にバントを決め、ノーアウト2塁となります。すると続く6番織田(3年/土佐)もセンター前ヒットを放ち、7番小室(3年/日立第一)が四球で出塁し、1アウト満塁のチャンスとなりましたが、得点には繋がりませんでした。

ですが3回、1番大音(2年/春日部)と2番土屋(2年/韮山)がともに四球で1アウト1,2塁の場面で4番熊谷がライトへタイムリーヒットを放ち、2点を獲得しました。

(熊谷)

(土屋)

7回には先頭の7番小室が三塁線を抜きツーベースヒットを放つと、8番西原(1年/町田)がバントを決めました。その後2番土屋の犠牲フライにより、1得点となりました。

守備では、先発の阿部(3年/一関第一)が3回までを無失点に抑えます。ピッチャー交代後の4回に2点を奪われますが、5回を長縄(3年/都立武蔵)、6,7回を福島(1年/蕨)、8回を大島(3年/岡山城東)、9回を橋本(3年/春日部)が0点に抑えました。

また、センターの大音とライトの岩切が捕球でファインプレーを見せ、チームを盛り上げる場面もありました。

今日は今季初試合でしたが、白星を飾ることができました。前回のリーグ戦後からの練習が活きたところもあったと思います。これから3月は多くのオープン戦がありますが、今回の課題を意識しつつレベルアップできるように励んでまいります。応援よろしくお願い致します。

(2年/マネージャー/永原)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)