合宿3日目

合宿も3日目となり折り返しを迎えました。今日のブログは新二年生の、訳あって丸坊主の白澤栄喜(学生コーチ、A類数学選修)、野球(自称)の小谷野和之(外野手、A類数学選修)、ヘルニアおじさんの小林徹史(投手、B類理科専攻)が担当します。

今日の練習はあいにくの雨となり、拓大紅陵高校の室内練習場、袖ケ浦市市民会館の一角をお借りして、室内練習を行いました。明日の試合に向けてそれぞれ調整を行いました。

 

話は変わりますが、昨日、新三年生の渡部と佐藤が、合宿を一時離れていた部員を迎えに駅まで行き、その途中で近くのコンビニによったところ、駐車中にカーナビの現在地がひとりでに動きだしたそうです。二人は車中でずれだした現在地を見て「どこまでいくんだよ」と笑っていたようですが、そのままずれは止まらず、やっと止まった現在地のマークはお寺の上で止まったそうです・・・。

さて、寺といえば、学芸大学にフィジカルトレーナーとして来てくださっている、寺中さんという方がいらっしゃいます。寺中さんはボクシング日本代表のトレーナーとしても活躍していらっしゃる方です。新4年生の阿部が高校時代、寺中さんにご指導いただき、寺中さんがたまたま野球部のグラウンドの近くを通ったところ阿部と再会。そこから現在月2回ほどのペースで指導に来ていただいています。寺中さんにフィジカル面、トレーニングなど様々な貴重なお話を聞かせていただき、その指導を日々の練習に生かしています。将来指導者を目指す部員にとって、大変貴重な存在であり、とてもありがたく思っています。

おとといのミーティング中の監督のお話の中にもありましたが、やはり人とのつながりは大事だなと感じました。寺中さんや、中野監督のように、普段ご指導いただいてる方もいらっしゃれば、様々な形でご支援いただいているOBの方々、部員の活動を支えていただいている父母の皆様、本当にたくさんの人のおかげで、わたしたちは野球をすることができています。周りの人の期待に応えるため、感謝の気持ちを持って、自己の研鑽に励みたいと思います。まずは一部昇格!これからも練習に励みたいとおもいます。

合宿の荷物の確認の際「ポリ袋・・・、アイシング袋・・・、それとマッキー(マジックペン)」といったところ「それ私のこと・・・?」(新三年、マネージャー、永原真季)と冷ややかな目を向けられ、喜びの表情を浮かべ(喜んでない)始まった合宿ですが、残り2日間、試合も含め、しっかり頑張りたいと思います!

 

 


1件のコメント

  1. お疲れ様です。本日は雨でグランドが使えなかったんですね。明日は試合頑張ってください。今日のブログは今までのと一味違って面白かったですね。

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)