H29.3.9オープン戦vs東京工業大学

こんばんは。本日は東京工業大学とオープン戦を行いました。結果をご報告致します。

工|400 000 300
学|002 002 002

1.(8)本木
2.(5)石田
3.(2)加賀谷
4.(D)杉高→小林丞(PH)(9裏)
5.(4)中村→池田(PH)(9裏)
6.(6)馬場→筒井(PH)(9裏)
7.(3)大野→森田(5表)
8.(7)福田→古田(9)(6裏)
9.(9)小谷野→富田(7)(7表)
P.飯倉→田尻(3表)→大島(6表)→長縄(7表)

守備から始まった1回表、先頭バッターにセンター前ヒットを打たれ、その後もヒットや四球で4点を失います。
3回から5回を投げた田尻(3年/穎明館)はヒット1本で無失点に抑えました。そして6回に登板した大島(3年/岡山城東)はこの回を三振2つを含む三者凡退に抑えます。7回表の途中からピッチャーが変わり、3点を奪われ、さらに9回にも1点を奪われました。

攻撃では3回裏、2番石田(1年/小樽潮陵)が四球で出塁すると、3番加賀谷(1年/秋田)がセンターへヒットを打ち、1点を返します。そして4番杉高(2年/富山中部)の犠牲フライにより更に1点を獲得しました。
また、6回裏では、2アウトランナー無しの場面で1番本木(1年/成蹊)が四球を選ぶと、続く2番石田がスリーベースヒットを打ち1得点。更に相手のエラーが絡んで石田もホームインし、この回2点を追加します。
4点を追う9回裏では、代打の小林丞(1年/松山東)と代打の池田(1年/蕨)が四球で出塁すると、代打の筒井(1年/市立稲毛)がバントを決め、1アウト2.3塁となります。すると続く7番森田(2年/豊多摩)がセンターへヒットを放ち、2点を獲得しました。あと2点でしたが、その後は抑えられ、8-6で試合終了となりました。

今回の試合では攻撃面でのミス、情報の共有などの課題が出ました。試合が続きますが、その中で課題を潰せるように練習していきます。応援よろしくお願い致します。

(2年/マネージャー/永原真季)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)