2017.3.12 オープン戦vs専修大学

こんばんは。本日は専修大学とオープン戦を行いました。結果をご報告致します。

学|010 000 003|4

専|000 300 21×|6

〈メンバー〉

1.(8)大音

2.(4)土屋

3.(9)岩切→佐藤(7裏)

4.(3)熊谷

5.(5)上田→(PR)石田(7表)→(5)飯出(7裏)

6.(D)織田

7.(7)河西→遠藤(8裏)

8.(6)西原→(PR)小室(8表)→(6)馬場(8裏)

9.(2)高橋→丁野(6裏)

P.阿部→福島(5裏)→板倉(7裏)→橋本(8裏)

2回の表、4番熊谷(3年/山形中央)がレフト前ヒットで出塁すると、5番上田(3年/小松)が送りバントを決め、ノーアウト2塁となります。すると、6番織田(3年/土佐)のセンター前ヒットで1点を獲得し、先制点をあげました。

(熊谷)

(上田)

(織田)

しかし4回の裏に一気に3点を奪われ、7回の裏に2点、さらに8回の裏に1点を許します。

6-1で迎えた9回の表、1番大音(2年/春日部)が俊足を生かし内野安打とすると、盗塁を決めます。3番佐藤(2年/山形中央)のレフト前ヒット、次のバッターでのパスボールにより2アウト2,3塁となります。すると5番飯出(1年/野沢北)がレフトへスリーランホームランを放ち、3点を返しました。

(大音)

(佐藤)

(飯出)

その後四球で出塁しますが、最後は三振に打ち取られ、6-4で東京学芸大学の負けとなりました。

今回の試合ではエラーや四球といった自分たちのミスで得点に繋がってしまう場面がいくつかありました。

監督は試合で経験を積み、次の試合で自分で考えたプレーがをしていく、とおっしゃっていました。まだオープン戦は続きますが、経験を積んでレベルアップしていきます。応援よろしくお願い致します。

(先発阿部)

 

(スコアをかきながら声を張る主務渡部)(2年/秋田)

(2年/マネージャー/永原真季)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)