2017年5月7日春季リーグ戦(日)vs東洋学園大学

遅くなってしまい申し訳ありません。5/14の東洋学園大との春季リーグ戦でした。結果を報告します。

東洋300200000|5
学芸003000000|3

〈スタメン〉
1(4)土屋
2(8)大音
3(9)岩切→(9)遠藤(9表)
4(5)熊谷
5(3)上田
6(7)河西
7(DH)杉高→(PR)吉岡(7裏)→(PH)森田(9裏)
8(2)丁野→(2)高橋(3表)
9(6)西原
P阿部→荻沢(7表)

先発の阿部(4年一関第一)は初回に味方のまずい守備も重なり3点を失います。4回にも2点を取られ6回5失点でマウンドを譲ります。後を受けた荻沢(2年高岡)は試合の流れを引き戻すべく力強い投球で2つの三振を奪い攻撃に望みを繋げます。
打線は3回、土屋(3年韮山)の華麗なバントヒット、大音(3年春日部)の選球眼でチャンスを作ると岩切(4年加治木)の右翼線二塁打で2点を返します。その後、上田(4年小松)の当たりが風で流されるテキサスヒットで同点に追いつきます。

大音
岩切
上田

4回以降2点を追いかける学芸打線でしたが、今日は相手エースに打線を”線”にさせてもらえず悔しい敗戦となってしまいました。
今までのリーグ戦は天井ネットがある球場で行われており打球がそこに当たるとファールになっていたのですが、今日は岩槻川通球場であったため、そのようなことが起きず内野フライが多くなってしまいました。ミーティングでも次の試合までにもう一度やるべき事を確認しようとあったので、この1週間で高千穂大戦へ向けて再調整して行きます。
そんな中、今シーズン初スタメンとなった杉高(3年富山中部)は3打数3安打と気を吐き、まさに『杉高の勢いとまらんぜ~』状態でした。

杉高

次の試合は5/21(日)高千穂大戦が10:30(予定)より東洋学園大Gで行われます。応援よろしくお願いします。

(2年筒井泰佑)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です