新主将、新学生コーチより

こんばんは。いつも応援ありがとうございます。

春リーグ後のオフ期間が終わり、昨日から練習を再開いたしました。

春リーグを機に4年生が数名引退し、主将と学生コーチが新しく変わりましたので、お知らせさせていただきます。

主将:土屋将平(3年/韮山)

学生コーチ:森田剛史(3年/豊多摩)

以下は二人の気持ちや意気込みですので、お読みください。

<土屋>

春のシーズンが終わり新チームがスタートするにあたり、主将を務めることになりました3年の土屋です。まずはじめに、先日まで行われていた春のシーズンではOBの方々をはじめとして、たくさんのご支援、ご声援本当にありがとうございました。一部昇格を目指していただけに、とても悔しいシーズンとなりました。近年、学芸大は二部に低迷する期間が続いています。ですので、秋のシーズンでは何としてでも一部昇格を果たしたいです。部員全員が心の底から一部昇格を目指し、強い気持ちを持って活動していきたいと思います。また、学生自身が主体となり、自分たちで何が足りなくて何が必要かを常に考え、質の高い練習を心がけていきたいです。
秋に向けて時間は限られていますが、必ず良い結果を残せるように努力していきますので、これからも温かいご声援ををよろしくお願い致します。

<森田>
こんにちは。
この度学生コーチを務めることになりました、A類数学科3年の森田剛史です。

春リーグはチームとして満足できる成績ではありませんでした。

OB・OGの皆様並びに、保護者の皆様の期待にお応えできるようもう一度自分たちを見つめ直しレベルアップに努めたいと思います。

一部昇格はもちろんですが、監督からのお話にもあるように、一部で戦えるチームを目指します。
そういったチームの運営に尽力致します。

今後とも宜しくお願い致します。


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)