2017年8月27日(日)オープン戦 vs日本工業大学

こんばんは。

本日は日本工業大学とオープン戦を行いました。

試合結果をお知らせいたします。

学|100401110|8

工|301000000|4

1.西原(3)

2.池田(4)→酒井(PH→4)(4表→4裏)

3.飯出(5)→筒井(7裏)

4.大野(D)→小林隆(6表)→丸山(9表)

5.福田(7)→高木(PR→9)(4表→4裏)

6.加賀谷(2)

7.小谷野(9→7)(4裏)→古田(PH→7)(6表→6裏)

8.本木(8)→富田(8)(7裏)

9.石田(6)→石塚(PH→6)(8表→8裏)

投.  藏→飯倉(4裏)→大島(8裏)

先攻の学芸は1回表、2アウトから飯出(2年/野沢北)、大野(2年/高松第一)のヒットで1点を先制します。

対する1回裏では、本日先発の藏(2年/江戸川学園取手)が相手チームの3、4、5番にヒットを許し、3点を奪われてしまいます。しかし、3回2アウトで迎えたバッターを三振にとり、2、3回を1失点に収めます。

3点差で迎えた4回表、この回先頭バッターの本木(2年/成蹊)のレフトへのツーベースヒット、続く石田(2年/小樽潮陵)の俊足を生かしたバントヒット、代打酒井(1年/岐阜)、飯出のセンター前ヒット、と猛追し、この回4点を奪い逆転に成功します。

4回裏からは飯倉(2年/市立浦和)がマウンドに上ります。テンポよくアウトを重ね、7回までに許したヒットは1本、奪った三振は5つと素晴らしいピッチングで相手打線を寄せ付けません。

1点をリードするも学芸は攻撃の手を緩めません。6回表には代打小林隆(1年/松本深志)と途中出場の高木(1年/開智)、7回表には本木と西原(2年/町田)、8回表には高木と加賀谷(2年/秋田)と途中出場の古田(2年/大泉)の連続ヒットで各回1点ずつ追加します。9回表は途中出場の筒井(2年/市立稲毛)、代打丸山(1年/野沢北)がヒットを打つも点には結びつかず、攻撃を終了します。

8回裏からマウンドに上った大島(4年/岡山城東)は2回4奪三振と安定したピッチングで無失点に抑え、8‐4で試合は終了しました。

本日の試合で勝つことができた理由の一つとしては各回の先頭打者の出塁するという意識や野手の好守備、今後の課題としてはその場その場の状況に応じて求められているバッティングを考えることが挙げられました。本日の試合で学んだこと、見つかった課題を解決するべく練習に励んでまいります。今後とも応援のほど、よろしくお願い致します。

(1年/マネージャー/新井菜緒)

 


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)