3/11(日) OP戦 対早稲田大学

こんばんは。本日行いましたOP戦、対早稲田大学の第1試合の試合結果をご報告いたします。

〈スコア〉
早|000 020 053|10
学|101 001 000|3

〈メンバ―〉
1. 土屋(4)
2. 大音(8)→遠藤(8)(6表)
3. 佐藤(9)
4. 杉高(D)→石田(PR)(8裏)
5. 丸山(7)
6. 飯出(2)
7. 小林隆(3)
8. 馬場(6)→高木(PH)(9裏)
9. 酒井(5)→大野(PH)(9裏)
P. 荻沢→飯倉(5表)→古田(8表)→筒井(9表)

第1試合、学芸は後攻です。先発荻沢(2年/高岡)が立ち上がりに苦しみランナーを出しますが、9人でしっかり守り、初回を無得点で抑えます。1回裏、2番大音(3年/春日部)が先制点のチャンスを作ります。大音が打った打球は、俊足により内野安打となります。さらに華麗に盗塁を決めチャンスを広げると、4番杉高(3年/富山中部)が二塁打を放ち、先制します。
2回、3回と危なげない守備で相手の得点を許しません。つづく3回裏、再び学芸に追加点のチャンスがやってきます。2番大音がレフトへ打ち、本日2本目のヒットとなります。つづく佐藤(3年/山形中央)もレフトへ二塁打を打ち、その間に俊足大音が還って1点を追加します。
4回、荻沢が三者凡退に打ち取って4回までを無失点で終えます。5回からマウンドに上がったのは飯倉(2年/市立浦和)。2、3、4番にヒットを許し2点を失いますが、最後は巧みな牽制でアウトにします。
4、5回を三者凡退に抑えられていた学芸ですが、6回にまたも杉高がヒットを打ちます。そして続くバッターは先日から好調の丸山(1年/野沢北)。期待に応えたセンター方向への二塁打で杉高を還し、0‐3と点差を広げることに成功します。
8回、ピッチャーは古田(2年/大泉)に代わります。味方のエラーや四球でランナーをためられたところでホームランを打たれ、一挙5失点。しかしその後のバッターはしっかりと打ち取り、最後は三振を奪ってこの回を終わらせます。逆転を許し何とか得点したい学芸ですが、思うようにはいきません。8回に杉高が本日3本目となるヒットを打ち、代走石田(2年/小樽潮陵)が盗塁を決めますが、得点には結びつけられません。
9回は筒井(2年/市立稲毛)がマウンドに上がります。2アウトから守備のミスも重なってなかなかあと1アウトが取れず、その間に3点を失います。しかし最後は三振でアウトにし、相手の攻撃を終わらせます。9回裏、点差を広げられランナーをためたい学芸でしたが、相手に三者凡退に抑えられ得点はかなわず、早稲田大学VS東京学芸大学の第1試合は10‐3で終了します。
試合後のミーティング等に関しましては、第2試合のレポートに併せて記載いたします。宜しければそちらもご覧ください。応援してくださった皆様、誠にありがとうございました。


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)