4月8日(日)春季リーグ戦対首都大学東京①

こんばんは。本日は春季リーグ戦、首都大学東京との試合を行いました。結果をご報告いたします。
〈スコア〉
学|110 200 221|9
首|000 100 200|3
〈メンバー〉
1.(8)大音
2.(4)土屋→(4)石田(9裏)
3.(9)佐藤→(3)(9裏)
4.(2)飯出
5.(7)福田→遠藤(7裏)
6.(D)加賀谷→杉高(7表)
7.(3)渡部→(9)本木(9裏)
8.(6)馬場→石塚(6表)
9.(5)酒井
P.荻沢→飯倉(7裏)→高木(9裏)

学芸大学は攻撃では初回から四死球が重なり1点を先制します。
2回表には8番馬場(4年/会津学鳳)が四球で出塁すると、9番酒井(2年/岐阜)がレフト前ヒットを放ちます。続く1番大音(4年/春日部)の巧みな バンドが相手のエラーを誘い、1点を追加しました。

酒井

4回表、9番酒井が相手のエラーで出塁するとゴロの間に2塁へ進み、2番土屋(4年/韮山)が四球を選びます。1アウト1,2塁の場面でバッターは3番佐藤(4年/山形中央)。レフトへのタイムリーツーベースヒットにより2点を追加しました。

佐藤

7回表、先頭から連続四球でノーアウト1,2塁となると、続く5番福田(4年/盛岡第一)がベンチも驚く見事なバントを決めます。続くバッターの打球をサードがホームへ投げる際のエラーにより2得点となりました。
7回裏に2点を奪われた後の8回表、9番酒井がライト方向に流し打ちでヒットを放ちます。その後盗塁の際の牽制エラーで3塁まで進みました。2番土屋も四球で出塁すると、ピッチャーの隙をつく盗塁を決めます。3番佐藤の死球により、1アウト満塁のチャンスを迎えます。続く4番飯出(3年/野沢北)のセンターへのヒットにより1点を追加します。更にゴロの間に土屋も生還し、もう1点獲得しました。

飯出

9回表には、本日好調の9番酒井がセンターへのスリーベースヒットを放ち、返球エラーの間に生還し、1点をもぎ取ります。

守備では先発荻沢(3年/高岡)の順調な立ち上がりで3回までをヒット1本に抑えます。2
回にはショート馬場との息の合ったプレーでランナーを牽制アウトにする場面もありました。

荻沢

4回には先頭バッターにレフトへホームランを打たれますが、直後のバッターを三振に打ち取りました。5回にはセカンドの土屋が華麗な守備でチームを盛り上げます。
しかし7回、先頭バッターから連続でヒットを打たれ、その後の2ベースヒットにより2点を失い、ピッチャーは飯倉(3年/市立浦和)に代わります。飯倉はピンチも迎えますが8回まで無失点に抑えました。

飯倉

9回は高木(2年/開智)がマウンドに上がります。テンポのいいピッチングで三者凡退に打ち取り、9-3で東京学芸大学の勝利となりました。

高木

ついに春季リーグ戦が開幕しました。応援ありがとうございました。初戦の本日は先制後リードを保ったまま勝利することができました。ですが走塁ミスによってチャンスを失った場面が数回ありました。今後このようなミスが起こらぬよう、チーム全体で厳しく改善していきます。
これから2ヶ月リーグ戦が続きますが、一戦一戦全力で戦ってまいります。応援よろしくお願い致します。
(4年/マネージャー/永原真季)

☆次の試合
4/14(土)対東洋学園大学 第1試合 10:30試合開始 @東洋学園大学


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)