4/14(土) 春季リーグ戦 対東洋学園大学①

4月14日に行いました、リーグ戦 対東洋学園大学の試合結果をご報告いたします。
〈スコア〉
東|000 211 010|5
学|110 020 20X|6X

〈メンバー〉
1(中)大音
2(二)土屋
3(一)佐藤
4(指)杉高
5(左)福田
6(捕)飯出
7(右)丸山→(右)遠藤(6表)
8(遊)馬場→(遊)石塚(5表)
9(三)酒井→(PH)渡部(6裏)→(三)西原(7表)
投 高木→飯倉(6表)

本日は、リーグ戦初先発となる高木(2年/開智)がマウンドに上がります。初回、持ち前の巧みな投球でたった4球でスリーアウトを奪い、学芸に勢いを与えます。
その勢いを受けて、学芸は初回から攻撃に成功します。2番土屋(4年/韮山)、3番佐藤(4年/山形中央)がともに長打を放ち、先制点を奪います。つづく2回も、先頭の福田(4年/盛岡第一)がレフト線ギリギリに打球を飛ばし二塁打、馬場(4年/会津学鳳)が内野安打を打つなど、4年生の大活躍で、この回も1得点。点差を2点に広げました。
3回にはセカンド土屋、ファースト佐藤が素晴らしい守備を見せるなどし、ここまでを無失点に抑えます。しかし4回、守備のエラーで隙を与えてしまいます。エラーでランナーを出すと、勢いづいた相手打線に押され、この回2得点されてしまいます。5回にも先頭打者の長打を浴び、ピンチとなりますが、ベンチの懸命な声掛けと高木の踏ん張りで1失点にとどめます。
1点を追う学芸は、大音(4年/春日部)がヒットで出塁すると、すぐさま華麗に盗塁を決めます。つづく土屋は冷静に四球を選び、一死一二塁。ここで打席に立つのは絶好調の佐藤。期待に応えた二塁打で、大音、土屋を還します。2点を追加し、5回終わって3-4と勝ち越しに成功します。
6回、学芸のピッチャーは飯倉(3年/市立浦和)に代わります。味方のエラーで出したランナーに、ヒットで還られ1失点しますが、続く7回を三者凡退に抑え、流れを作ります。良いムードで迎えた7回裏、先頭土屋が俊足を生かし内野安打で出塁し、盗塁に成功します。続く佐藤が本日3本目のヒットで土屋を還し、1得点。さらに続く杉高(4年/富山中部)もレフトへの二塁打を打ち、佐藤を還します。この回2点を追加し、4-6とします。
8回に1点を返されますが、9回は飯倉が三者凡退に抑え、試合は5-6Xで学芸大の勝利となりました。
試合後のミーティングでは、点の取り合いとなったこの試合で勝ちきれたこと、逆転されてもすぐに取り返せたことなどが評価されました。また、守備や走塁のミスが出てしまったこと、あまり点差をひらけなかったことなどが反省として話されました。本日も応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。本日試合の経験を、東洋学園大学との2戦目にはもちろん、次の試合にも生かしていきます。リーグ戦、次は4月21日、日大生物資源科学部との1戦目となります。東洋学園大学のグラウンドで、10:30試合開始予定です。また応援のほど、よろしくお願いいたします。

(2年/マネージャー/新井菜緒)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)