6/10(日)OP戦 VS都立新宿高校

本日は行いましたOP戦、対都立新宿高校の結果をご報告いたします。

〈スコア〉
学|000 301 000|4
新|000 101 000|2

〈メンバー〉
1(中)西澤
2(二)渡部裕
3(指)石川
4(右)石川
5(一)小谷地
6(左)柚木
7(三)石井
8(遊)瀬川
9(捕)高澤
投 梅原→加藤

〈レポート〉
本日の学芸の先発は梅原(1年/都立新宿)。かつての後輩たちを相手に迎え、巧みなピッチングで抑えていきます。3回までを1ヒットと、テンポよくアウトを奪います。
1回に石川(1年/北広島)、2回に小谷地(1年/八戸)のヒットは出るも、得点に結びつけられません。試合が動いたのは4回。2アウトから5番小谷地がレフトへ飛ばした打球はツーベースヒットとなります。つづく柚木(1年/鶴丸)も冷静に四球を選び出塁し、バッターは石井(1年/岡山一宮)。石井が力強く打った打球はライトへのツーベースヒットとなり、この間に小谷地と柚木が還ります。つづく瀬川(1年/春日部共栄)はショートゴロかと思われましたが、懸命な走りが守備のエラーを誘います。2塁ランナー石井がこの隙を逃さずホームに還り、1点追加。この回3得点に成功します。
4回裏、梅原は先頭バッターを四球で出してしまいます。つづくバッターのゴロをなかなかゲッツーにできずに進塁され1点を与えてしまいます。最後は走った1塁ランナーをキャッチャー高澤(1年/春日部東)が刺し、最少失点にとどめます。
6回表、この回先頭の4番三宅(1年/金光学園)が死球で出塁します。すると相手の隙をついて走り、華麗なスライディングで2塁へ。6番柚木のレフトへのヒットの間に三宅がホームまで還り1点追加。ベンチを沸かせます。
6回裏、ここまで許したヒットは2本と、完ぺきに抑えていた梅原ですが、上位打線につかまり1点を失います。しかし2アウト目、3アウト目は三振で奪いピンチを防ぎます。
7回8回9回は次々代わるピッチャーに攻撃をさせてもらえず、出たヒットは西澤(1年/野沢北)の1本のみ。学芸がこれ以上得点することは叶いませんでした。
7回、梅原は相手を三者凡退にし、加藤(1年/吉田)へバトンタッチ。8回9回を任された加藤は、力強い投球で相手に攻撃をさせません。ランナーこそ出しますが、それも巧みな牽制でアウトにします。しっかりと試合を締めくくりました。
試合後のミーティングでは、ミスの出やすさやスイングの弱さが指摘されました。また、来週から始まる国公立戦も主にこのメンバーで戦っていくことになります。それまでの練習をどれだけ意識的に行えるか、どれだけ修正できるかがポイントとなってきます。国公立戦で全員が持ち味を出して活躍できるように頑張っていきますので、皆様応援のほどよろしくお願いいたします。
(2年/マネージャー/新井菜緒)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)