8/12(日)OP戦対山形大学第2試合

本日の第2試合の試合ブログです。

〈スコア〉
学|000 200 04|6
山|000 000 01|1

〈メンバー〉
1(二)中村→石田(8裏)
2(右)三宅→石川(7裏)
3(指)小谷野→小谷地(7表)→(PR)池田(7表)→(指)本木(8表)
4(一)渡部雄→(PH)大野(7表)→(三)西原(7裏)
5(左)丸山→柚木(4裏)
6(三→一)小林隆(7裏)
7(中)富田→西澤(7裏)
8(遊)瀬川→渡部裕(5裏)
9(捕)船場→高澤(6裏)
P 加藤→高木(3裏)→梅原(4裏)→藏(6裏)→邑澤(7裏)

第2試合、先攻の学芸は果敢に食いついていきます。2回、先頭バッタ―の富田(3年/大垣北)打球はあわやホームランかと思われるほどのあたりとなります。ライトへの見事な3塁打となり、ベンチを盛り上げます。しかし後続が続くことができず、得点とはなりません。4回には小林隆(2年/松本深志)がライト前ヒット、富田が本日2本目の長打を放ち、ノーアウト2、3塁の場面を作ります。学芸の勢いが相手のミスを誘いワイルドピッチの間に1点。続く瀬川(1年/春日部共栄)がバントを確実に決めもう1点と、2点差をつけることに成功します。5回、四球で出塁した小林を絶好調の富田がしっかりとバントで送ります。途中出場の渡部裕(1年/会津)も冷静に四球を選び得点のチャンスを作ります。この場面で打席に立つの船場(2年/八戸北)。強く叩いた初球はレフトへヒットとなり、期待に応えます。続く中村(3年/青森)もファールで粘って進塁打を図りますがホームがアウトとなり、あとのバッターも続くことができず、得点に失敗します。学芸は8回に最後の攻撃を仕掛けます。この回先頭は先ほどもヒットを打った小林隆。センターへの2塁打で出塁します。続く途中出場の西澤(1年/野沢北)は俊足を生かしバントヒットをきめ、渡部裕もレフト前ヒットで続き、この間に小林隆が生還します。途中出場の高澤(1年/春日部東)、中村が四球を選んで続き、押し出しで1点、途中出場の石川のレフト前ヒットでさらに1点を追加します。この回4得点に成功をする猛攻をみせます。
守備ではピッチャー陣が見事な継投で得点を許しません。先発加藤(1年/吉田)は、相手打線に勢いを与えない力強い投球で1、2回を抑えます。次にマウンドに上がったのは高木(2年/開智)。任された3回を安定感あふれるピッチングで抑え、4回、ピッチャーは梅原(1年/都立新宿)に代わります。梅原は、味方が先制点を上げた4回の裏を三者凡退にとると、続く5回もテンポよく三者凡退にし、相手に攻撃をさせません。6回を任されたのは藏(3年/江戸川学園取手)。ランナーを出しても焦ることなくじっくりと打ち取り、無失点に抑えます。本日最後を締めくくったのは邑澤(1年/山口)。7回先頭バッターに四球を許すも、危なげなく抑えていきます。続く8回、連続ヒットと味方のエラーで1点を失ってしまいます。次のバッターを三振に取るなど後続をしっかりと打ち取って最少失点にとどめ、試合は6‐1で東京学芸大学の勝利となります。
本日は保護者の皆さまをはじめ、たくさんの方々にお越しいただきました。ありがとうございました。次のOP戦は8/15(火)に予定しております、対福島大学との試合です。これからも応援のほどよろしくお願いいたします。


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)