11/10(土)秋季リーグ1・2部入れ替え戦 vs駿河台大学①

こんばんは。
本日は秋季リーグ入れ替え戦対駿河台大学を行いました。結果をご報告致します。

〈スコア〉
学|110 011 000|4
駿|001 000 011|3

〈メンバー〉
1.(8)大音
2.(4)土屋
3.(5)佐藤
4.(2)飯出
5.(D)杉高→(PR)石田(9表)
6.(9)遠藤
7.(3)福田
8.(7)三宅
9.(6)石塚
P.荻沢→河野(9裏)

1回表、試合を動かしたのはキャプテンの2番土屋(4年/韮山)です。レフト前ヒットを放つと盗塁にも成功し、続くバッターのゴロの間に3塁へ進みます。その後相手セカンドのエラーで土屋が還り、1点を先制しました。

土屋

2回表、6番遠藤(4年/秋田)が四球を選び出塁すると、すかさず盗塁を決めます。続く7番福田(4年/盛岡第一)のバントにより、1アウト3塁とします。続くバッターの打球はピッチャーのフィルダースチョイスで1塁に投げられ、その間に遠藤が還って2点目を追加しました。
3,4回表は無得点、3回裏に1点を返されて迎えた5回表、先頭の2番土屋が再び試合を動かします。ライトオーバーの打球は三塁打となり、ベンチは盛り上がります。続く3番佐藤(4年/山形中央)もセンター前ヒットを放ち、1点を追加しました。

佐藤

6回表では7番福田がレフト前ヒットを放つと、8番三宅(1年/金光学園)がバントを決め、1アウト2塁とします。すると1番大音(4年/春日部)がレフトオーバーの三塁打を放ち、4点目を獲得しました。

大音

東京学芸大学の先発ピッチャーは荻沢(3年/高岡)。この秋季リーグ戦を引っ張ってきた貫禄あるピッチングで9回途中まで、四死球0、失点3に抑えます。

 

荻沢

7回裏の2アウト満塁の場面では、あわやヒットかという打球をライト遠藤が見事にキャッチし、チームを勢いづけます。
9回裏1アウト1,3塁のピンチから登板したのは河野(1年/所沢北)。1人目のバッターを三振に打ち取ります。続くバッターにライト前ヒットを許し3点目を奪われますが、最後のバッターをセンターフライに打ち取り、試合終了、4-3で東京学芸大学が勝利致しました。

5季ぶりの入れ替え戦、部員一同今まで以上の意気込みで臨みました。一瞬も気の抜けない試合でしたが相手の攻撃を最小失点に抑えることができ、自分たちの攻撃では粘りのバッティングができました。ミーティングでは終盤に得点ができなかったことが反省として挙がりました。
たくさんの応援ありがとうございました。
明日勝利すれば1部昇格となります。絶対に勝つという気持ちで部員一同全力で戦います。応援よろしくお願い致します。

また、本日もたくさんの方に球場で応援していただきました。そして、差し入れも土屋、佐藤、杉高、永原、福田のご家族の方、OBの方、部員の友人の方からいただきました。ありがとうございました。

(4年/マネージャー/永原真季)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)