3/19(火) オープン戦 対早稲田大学

本日のオープン戦 対早稲田大学の結果をお知らせ致します。

<スコア>

|060 100 000|7

|000 000 050|5

 

<メンバー>

1()三宅

2(二→三)酒井(7)

3()高木→(PHDH)加賀谷(8)

4()飯出

5()大野→(PH→二)中村(6裏→7)

6(三→一)西原(7)

7(右→左)小谷野(8)(PH→左)古田(8裏→9)

8()埴田→(PR→右)西澤(7裏→8)

9()石塚→(PH→遊)小林丞(8裏→9)

P.加藤→荻沢(4)→福島(6)→河野(8)

 

 東京学芸大の先発は加藤(2/吉田)2回に相手打線につかまり6点を失ってしまいます。しかし3回は前の回の反省を生かし三者凡退に切ります。後を受けた荻沢(4/高岡)、福島(4/)、河野(2/所沢北)もランナーを背負いましたが、守備の好プレーもあり乗り切ります。本日登板した4人とも次につながる内容でした。

 

 打線は相手先発投手を中々捉えることができません。6回まで散発4安打に抑えられてしまいます。8回に代わった投手を攻め立てます。相手投手の制球の乱れを突き、一死満塁のチャンスを作り中村(4/青森)、西原(4/町田)の連打で2点を取ります。尚も2死満塁から西澤(2/野沢北)が左中間を破る3点タイムリー3塁打を放ち一挙5点を挙げます。しかし反撃もここまで。5-7をもち早稲田大学の勝利となりました。

 

 試合後のミーティングでは2ストライクまでにいかに自分のスイングができるのか、また監督より『闘う集団、勝負師、アスリートであることに自覚を持つこと』を力強く説いていただきました。ここまでのオープン戦では中々勝ち星に恵まれず選手もプレッシャーを感じていますが、ここを我慢して乗り切ることができればより一層強くなることができると思っています。

 

☆次回のオープン戦

3/22()vs横浜国立大学W

1試合 1000PB

2試合 1300PB

@横浜国立大学野球場

 

応援よろしくお願い致します。

 

4年マネージャー 筒井泰佑

 

 


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)