9/4(水) R1秋季リーグ戦 対流通経済大学①

こんばんは。本日より秋季リーグ戦が開幕致しました。初戦の対流通経済大学の試合結果をご報告致します。

〈スコア〉
学芸|000 000 000|0
流経|001 100 11X|4

〈メンバー〉
1.(右)大宮
2.(左)西澤
3.(三)酒井健
4.(指)埴田→(PH)片寄(7表)
5.(中)三宅
6.(一)西原→(PH)小林徹(7表)→(PR)安納(7表)→(一)渡部雄(7裏)→(一)渡部裕(7裏)
7.(捕)三谷
8.(二)中村
9.(遊)酒井圭
投.加藤(6 1/3)→飯倉(0 1/3)→伊戸(0 2/3)→梅原(0 2/3)

東京学芸の攻撃は3回。先頭バッターの中村(4年/青森)がショート頭上を越える鮮やかなヒットを放つと、酒井圭(1年/越ヶ谷)がきっちりと送りバントを決めてランナーを進めます。しかし後続が続くことができず、チャンスを活かせません。

本日の先発は加藤(2年/吉田)。コースにしっかりと投げ分け、相手打線を抑えます。2回には二死満塁のピンチを迎えますが、落ち着いて打者を打ち取り、無失点に抑えます。3、4回は粘り強い相手打線を前に1点ずつを失いますが、加藤は6回と1/3を投げて2失点。要所を締めるピッチングで、苦しみながらもなんとか試合を作ります。

加藤

対する攻撃は、相手の好投手の快刀乱麻なピッチングに抑えられ、なかなかチャンスを作らせてもらえません。しかし7回。先頭バッターは代打片寄(1年/磐城)。一、二塁間をしぶとく破り、出塁に成功します。一死後、打席に立ったのはここも代打、小林徹(4年/宮崎大宮)。2ヶ月前まで投手だった彼は、そのパワフルなバッティングでライト前に痛烈な打球を放ち、一、三塁とチャンスを作ります。この一打にベンチはこの日1番の盛り上がりを見せます。しかし、ピンチを迎えた相手投手はギアをあげ、二者連続三振に仕留められてしまいます。またも得点できず、終盤の守備を迎えます。

片寄
小林徹

7回、加藤からマウンドを引き継いだ投手陣でしたが、四死球や野手の失策が重なり、2点を失ってしまいます。

反撃したい打撃陣でしたが、相手投手を前に為す術はなく、そのまま試合終了。0-4で敗北を喫しました。

チャンスを活かしきれず、悔しい敗北となりました。

試合後のミーティングでは、バッティングの課題が多く上がり、また戦う姿勢についても意見が出されました。

また、本日はOBの大音亮さん、部員の渡部裕(2年/会津)のご家族の方から差し入れをいただきました。ありがとうございました。

明日は第2回戦となります。気持ちを切り替え、一戦必勝の気持ちで戦って参りますので、明日も応援をよろしくお願い致します。

(2年/マネージャー/志太祥子)

☆次の試合
【対戦相手】流通経済大学
【試合開始】10:30PB
【試合会場】大田スタジアム


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)