9/28(土) R1秋季リーグ戦 対杏林大学①

こんばんは。本日のリーグ戦、対杏林大学の試合結果をご報告いたします。

〈スコア〉
学|000 000 0|0
杏|206 100 ×|9

〈メンバー〉
1.(二)酒井健
2.(三)酒井圭
3.(左)埴田
4.(捕)飯出→(捕)三谷(6裏)
5.(一)大野→(PH)西原(6表)→(一)伊戸(6裏)
6.(指)加賀谷→(PH→指)小谷野(6表→6裏)
7.(右)丸山→(PH)本木(7表)
8.(遊)石塚
9.(中)三宅→(PH)市原(7表)
投  荻沢→邑澤(4裏)→藏(5裏)

 

本日の先発荻沢(4年/高岡)は、相手打線に苦しめられ、中々アウトを取ることができません。2回を三者凡退に抑えたものの、3回に制球が定まらず、相手打線に攻め込まれます。フォアボールとヒットを重ね、この回一挙6失点。大きく点差をつけられてしまいます。

 

点が欲しい東京学芸は、2回に先頭打者飯出(4年/野沢北)がセンター前ヒットを放ち、出塁に成功します。その後、高校時代からの後輩、丸山(3年/野沢北)が冷静に四球を選びチャンスを広げますが、後続が続かず得点とはなりません。

飯出

また3回には、二死一塁から埴田(2年/小松)が初球を見事ライト前に運び、またもチャンスを迎えましたが、得点に結びつけることはできず。

埴田

 

4回からは邑澤(2年/山口)が登板します。邑澤はランナーを出しながらも、粘りのピッチングでこの回を最少失点に抑え、藏(4年/江戸川学園取手)にバトンをつなぎます。
5回から登板した藏は、打たせてとるピッチングでアウトを重ねていきます。ここまで勢いが止まらなかった杏林打線を見事に封じ込め、5回6回を三者凡退に抑えます。

 

後がない東京学芸でしたが、最後まで反撃の糸口を見つけることはできず。気づけば4回からはノーヒットと完全に抑え込まれ、0対9(7回コールド)と大敗を喫しました。

 

本日のミーティングでは、点を取られてしまった後のチームの雰囲気がよくなかったという話があげられていました。
本日の課題をしっかり整理し、明日の試合では勝利を掴み取ります。

 

本日は、荻沢、飯出、内山(3年/春日部共栄)、石川(2年/北広島)のご家族と、OBの土屋さん、森田さんから差し入れを頂きました。また、東京学芸大学チアリーダー部の「Hydrangea」の方々が応援に来てくださいました。
いつも応援してくださっている皆様、誠にありがとうございます。お時間がございましたら、球場に足を運んでいただければと思います。これからもよろしくお願いいたします。

 

(3年/マネージャー/村田奈央)

 

☆次の試合
【対戦相手】杏林大学
【対戦日時】9/29(日) 12:00PB(予定)
【試合会場】県営大宮公園野球場


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)