11/9(土) R1秋季入替戦 対駿河台大学①

こんばんは。本日の入替戦、対駿河台大学の第1戦の試合結果をご報告致します。

〈スコア〉
駿台|200 020 000|4
学芸|000 000 000|0

〈メンバー〉
1.(左)西澤→(PH→左→右)大宮(6裏→7表→9表)
2.(右→中)市原(9表)
3.(ニ)酒井健
4.(捕)飯出
5.(一)伊戸
6.(指)加賀谷
7.(三)西脇→(PH)中村(7裏)→(三)小林丞(8表)
8.(中)三宅→(PH)小谷野(8裏)→(PR→遊)酒井圭(8裏→9表)
9.(遊)石塚→(PH→左)丸山(8裏→9表)

投.荻沢→浅野(7表)→河野(9表)

入替戦初戦。この大切な1戦の先発を託されたのは、エース荻沢(4年/高岡)。

荻沢

初回、立ち上がりに苦しみます。先頭打者にヒットを許すと、次の打者からもヒットを浴び、無死一、三塁。ここで相手は犠牲フライを放ち1失点。さらに、野手の失策も絡み1失点。初回から2点のビハインドを背負います。

対する攻撃は、出塁の機会もなかなか掴めず、思うようにいきません。また出塁してもチャンスを掴めず、苦しい戦いが続きます。

荻沢は初回の乱調から立ち直り、2回からは要所を締めるピッチングで相手を抑えます。

しかし5回。ランナーが出たところでホームランを打たれ、2失点。4点差を作られ、試合は後半を迎えます。

7回からは浅野(3年/立川国際中等教育)がマウンドに上がります。浅野は安定したピッチングで、相手にチャンスを作らせません。守備で流れを引き寄せ、味方の援護を待ちます。

浅野

しかし攻撃面では、苦しい展開が続きます。8回には代打の小谷野(4年/日本大学第三)が相手の失策で出塁し、途中出場の大宮(1年/御殿場南)がレフト前ヒットで繋ぎますが得点に結びつけることはできません。

9回のマウンドには河野(2年/所沢北)が上がります。リーグ戦でも安定したピッチングを見せていた河野。今日はヒットを許しますが、得点はさせず、0-4で最終回の攻撃を迎えます。

河野

この場面、先頭打者は主将の酒井健(3年/岐阜)。良い当たりでしたが結果はセンターフライ。これで一死。
続く飯出(4年/野沢北)。相手の失策をもぎとり、なんとか塁に出ます。一死一塁。
望みを繋ごうと、次の打席に立ったのは伊戸(2年/藤島)。しかし相手の好守備に遮られ併殺。これで三死となり試合終了。前半からのビハインドを巻き返すことができず、0-4で悔しい敗北を喫しました。

試合後のミーティングでは、初回の攻防や打撃面での課題が上がりました。

明日は絶対に負けられない一戦となります。
昨年の11月11日。同じ相手と戦い、1部への昇格が決定した日です。今回は1部を守る立場ですが、明日勝利し、迎える第3戦、11月11日に1部残留を決め、いつも応援して下さっている皆様に良い報告ができるよう、まずは明日の試合を総力を上げて戦って参ります。

お時間がございましたら、ぜひ球場へ足を運んでいただけると幸いです。必ず勝利致しますので、応援のほどよろしくお願い致します。

(2年/マネージャー/志太祥子)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)