交流トーナメント大会を終えて

先日、交流トーナメント大会が終了致しました。それに際しまして、監督、主将、学生コーチ代表からのコメントを掲載致します。

監督 中野春樹

いつもご声援いただきまして、まことにありがとうございます。
今年は春のリーグ戦のみならず、秋のリーグ戦も中止となり、選手にとっては厳しい1年となりました。
そんな中でも、先日トーナメントの大会が開催され、無事に終わることができました。
2部以下のチームの代替大会ということもあり、私達が優勝することができました。
4年生にとっては最後の1年を満足な活動ができずに終わることは残念と言うしかありません。
でも、それぞれが置かれた状態をよく理解しながら最後まで頑張ってくれました。
この経験を今後の人生に生かしてもらいたいと思っています。
今年は試合等もお見せできませんでしたが、来年はレベルアップした姿をお見せできるように努力致します。
今後ともご声援いただきますようお願い致します。

主将 酒井健太(4年/岐阜)

日頃より応援していただき誠にありがとうございます。
先日の代替大会を終えて、4年生は全員引退となりました。最後の大会で優勝することができ、大変嬉しく思います。
今年は新型コロナウイルスの影響でほとんど活動が出来ず、非常に苦しい思いをした1年でした。春秋のリーグ戦が中止となり、仕方のないことだと分かっていても、やり切れない思いや悔しさが込み上げてきました。
そんな中、部員同士で声を掛け合い、前を向いて出来ることから始め、代替大会に向けて準備してきました。
活動を再開してからも、いつ部内から感染者が出てもおかしくない状態の中で、感染対策を徹底して行い、野球が出来る喜びを改めて感じながら、活動を続けてきました。
そして、代替大会優勝という目に見える形で結果を残すことが出来ました。今回の優勝を今後に繋げていき、今年の4年生が挑戦できなかった1部復帰を後輩達には必ず成し遂げてほしいと思います。
今後ともご支援、ご声援頂きますようよろしくお願い致します。

学生コーチ代表 高澤克之(3年/春日部東)

今年は新型コロナウイルスの影響により、春季リーグ戦に次いで、秋季リーグ戦も中止になってしまいました。結果、4年生は最上級生として一度もリーグ戦を行うことができませんでした。
そういった中で行われたのが、今回の代替トーナメントです。我々3年生以下は4年生に、最後まで戦う姿勢を見せていただきました。
大会ではやはり4年生の存在感が際立ちました。4年生全員、自分の長所を最大限に発揮したプレーを見せてくれました。まさに「集大成」という試合でした。優勝という最高の形で終えることができ、心から良かったと思っています。4年生のプレーはもちろん、野球を心から楽しんでいる姿に心を打たれました。
また、今回の新型コロナウイルスの影響により、我々部員一同は野球ができる喜びというものを改めて知りました。今回の大会も、たくさんの方々のご協力により行うことができました。現在も新型コロナウイルスの感染者が再び増加し始め、予断を許さない状況ですが、部員一同、野球ができる喜びを噛みしめながら、春のリーグ戦に向け精進して参ります。必ず1部へ昇格致しますので、今後もご声援のほどよろしくお願い致します。


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)