新体制発足にあたってのインタビュー(主将、副主将)

こんばんは。
本日から2日間に渡り、弊部の新体制を紹介させていただきます。就任にあたり、新幹部にインタビューを行いました。本日は主将と、副主将2人のインタビューです。
ぜひ、最後までご覧ください。

 

主将  三宅一広(3年/金光学園)

ー就任した経緯
キャプテンである自分を支えてくれる副キャプテンや学生コーチ、主務やマネージャーがしっかりしているからです!

ー自身が思う、学芸の現状・課題は
勝負の世界の中で、まだまだ勝ちへの執念が足りないように感じます。やはり課題はバッティングですね。1部を意識していく中で、点が取れないと厳しいと思います。試合で勝つために打線として、チームとしてバッティングを形作っていきたいですね。

ーどのようなチームにしていきたいか、またそのために自分はどのように行動していくか。
ON・OFFがはっきり区別できるチームにしたいと思います。勝利に向けて練習は厳しく、いい雰囲気で行い、それ以外は野球部としての行動を考えながら楽しくできればと思います。

ー意気込み
前キャプテンの酒井さんみたいに全ての仕事を自分が行うことはできません。みんなに助けてもらいながらになりますが、自分の良さを考えてチームを引っ張っていければと思います。言葉がけや姿勢でチームを引っ張っていきます。

 

 

副主将 伊戸一真(3年/藤島)

ー就任した経緯
副キャプテンは前チームから務めさせていただいていました。

ー自身が思う副キャプテンの役割とは?
副キャプテンの1番の役割は、キャプテンを支えることだと思っています。
また、下級生からの意見をしっかり聞き入れることも重要な役割だと考えています。グラウンド上では先輩後輩は関係ないので、活気のあるチームを目指したいですね。

ーどのようなチームにしていきたいか、またそのために自身はどのように行動していきたいか。
1部で勝てるチームになることがこのチームの目標です。なので、まずは、チームの雰囲気づくりをしていきたいです。現在のチームは、4年生が抜けた分、厳しい雰囲気が欠けてしまっていると感じています。「苦あれば楽あり」なので、練習の中から厳しい雰囲気でやっていけるようなチームになるよう、行動で引っ張っていけるようにしたいです。

ー意気込み
来年の春に1部に復帰できるよう3年生が中心となって、チームとして個人としてひとまわりもふたまわりもレベルアップできるように取り組んでいきたいと思います!

 

 

副主将 加藤大貴(3年/吉田)

ー就任した経緯
新チームになる少し前に学生コーチの高澤くんからの指名でやることになりました。最初は冗談かと思っていましたが、本当の話で驚きましたね(笑)

ー自身が思う副キャプテンの役割とは?
副キャプテンの役割というとやっぱりキャプテンがチームをまとめていく中でその手助けをするサポートがメインじゃないかなと思います。今年のチームでいえば、キャプテンの三宅や副キャプテンの伊戸はそれぞれ内外野の中心選手なので野手は彼らにお任せして僕は投手を中心にまとめていこうと思います。

ーどのようなチームにしていきたいか、またそのために自身はどのように行動していきたいか。
新チームは学生コーチをはじめとてもユニークなメンバーが集まっています。良い意味で学年間の壁もなく言いたいことを言い合えるチームになってほしいです。そして選手同士でのコミュニケーションをとってお互いに指摘し合える関係になるのがいいですね。僕自身は試合で投げる機会を多くいただいていたので、自分の経験から得たことを投手陣に伝えていき誰が試合に出ても活躍できるような強い投手陣になるように引っ張っていきたいです。投手ですが、野手に対しても感じた事はしっかりと言葉にして伝えてチームのためにも他人事にしないようにしたいですね。

ー意気込み
チームは1部復帰を目標にしています。せっかく役割を与えていただいたのでチームのために自分にできることを頑張っていきます!

 

3人へのインタビューは以上になります。次回は主務の石井亮丞(3年/岡山一宮)、学生コーチ代表の高澤克之(3年/春日部東)へのインタビューを掲載します!ぜひご覧ください。


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)