引退メッセージ① 浅野森羅

本日から、4年生による引退メッセージを掲載致します!
トップバッターは、怪我を乗り越えてリーグ戦登板を果たし、チームを勇気づけた浅野森羅(4年/立川国際中等教育)です。
是非ご覧ください!

・4年間のベストプレー
4年間のベストプレーは3年秋のリーグ戦で救援した際、0アウト満塁を0点に抑えることができたことです。

・4年間で嬉しかったこと
ほとんど試合で投げることができなかった自分ですが、リーグ戦の試合中の投球練習で準備している時は野球ができている喜びを感じてました。

・4年間で苦しかったこと
リーグ戦で1シーズン投げることができたのは嬉しかったのですが、逆に1シーズンしか投げることができなかったのは悔しかったです。

・チームに貢献できたこと
トレーニングが好きだったので、少しでもチームのトレーニングに対する意識に対して貢献できればと考えていました。結果的にあまり貢献はできなかったのですが、そのことを考えている時間は好きでした。

・後輩に一言
いろいろだらしない部分はあったと思いますが、一緒に野球できて楽しかったです。もう少しだけ一緒に野球しましょう。

・期待している後輩
柚木隆冴(3年/鶴丸)
柚木くんとは毎日ウォーミングアップの時に顔を合わせていました。度胸は申し分ないので、その曲者ぶりを野球の中で見せて欲しいです。

栗原幸太郎(2年/水戸第一)
自分はキャッチボールが大好きなので、キャッチャーのみんなにはピッチングやキャッチボールに長く付き合わせてしまったけど、その中でも一番ボールを受けてくれました。僕とのキャッチボールで培った根気強さを試合でも生かして欲しいです。

西脇宗孝(2年/小山台)
彼は野球の中だけでなく、いろいろな面で力になってくれました。その頭の回転の良さを使ってもっと相手の嫌がる選手になっていって欲しいです。ps.後少しだけよろしくね

・家族に一言
日々の食事やトレーニング面など、本当にたくさんのサポートにとても感謝しています。これからは、自分が少しでも早くサポートできるように頑張ります。

・いつも応援してくださっている方に一言
普段はっきりと目にはしていないけれど、多くのサポートや応援があるからこそ、自分たちは野球ができています。それは、今回のコロナの件や、日々の生活の中で実感することができました。大学での野球を支えてくださった方々には心から御礼申し上げます。

・東京学芸大学硬式野球部で良かったこと
この野球部で良かったことは、いい面でもあり、悪い面でもありますが、何かを矯正されることはあまりなく、あくまでも学生主体で選手1人1人が自由に野球に取り組むことができるという点です。自分は怪我が多かったのでほとんどチームの力にはなれなかったのですが、その中でもより深く自分自身で考えて自由に野球に取り組めたことは、今後の自分にとって大きな財産となりました。

4年生引退メッセージ、次回は内山耕介(4年/春日部共栄)です!ぜひご覧ください。


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)