5/23 (日) R3春季リーグ戦 vs工学院大学②

こんばんは。春季リーグ戦、対工学院大学②の試合結果をご報告致します。

〈スコア〉
工学院 |100 010 000|2
東京学芸|020 004 01×|7

〈メンバー〉
1.(右)市原
2.(二)片寄
3.(左)萩原→(左)西澤(7表)
4.(指)埴田
5.(中)三宅→(走→中)大宮(8裏→9表)
6.(一)武者→(一)伊戸(7表)
7.(三)西脇
8.(捕)三谷
9.(遊)佐藤
投.河野(5回)→一條(3回2/3)→加藤(0回1/3)

東京学芸、本日の先発は河野(4年/所沢北)。ここまでリーグ戦3試合で先発し、失点はなんと0。素晴らしいピッチングを見せてきた河野ですが、初回、一死から内野安打を許すと続く打者にも右前へ運ばれてしまいます。エンドランが掛かっていた相手走者、すかさず三塁を狙いますが、これを見逃さず市原(3年/市立川越)が素早く三塁へ送球。カットに入った片寄(3年/磐城)もこれを繋ぎ、見事三塁でランナーを仕留めます。しかし、なおも二死一塁、続く4番打者はリーグ屈指の好打者。河野は変化球を多投しますが、その変化球が入らず二つの暴投で走者は三塁へ。そして4球目、相手4番の振り抜いた打球は低い弾道でフェンス直撃の長打となり、走者が生還。1点を失ってしまいます。河野はリーグ戦を通して初の失点。しかしその後は動揺を見せずぴしゃりと抑え、4回までを1失点にとどめます。

河野(4年/所沢北)

一方、東京学芸の攻撃。追いかける展開となりましたが、焦らずじっくりと攻めていきます。
2回、先頭の埴田(4年/小松)が待ち構えていたかのように初球を振り抜き右前へ運ぶと、続く三宅(4年/金光学園)も左前に安打を放ち、後に続きます。西脇(3年/小山台)も落ち着いてバントを決め、無死二、三塁とすると、続く打者は武者(2年/小松川)。このリーグ戦でもコンスタントに安打を放っている武者、今日は同点のチャンスで魅せます。1Bからの2球目、変化球でタイミングを崩されながらもうまく合わせて右前へ運び、埴田が生還。追いつくと、さらに続く三谷(3年/下妻第一)も犠牲フライには十分な当たりを放ち、三宅が生還。この回2点を返し、逆転に成功します。

武者(2年/小松川)

しかし5回、相手8番に本塁打を浴び、同点。試合は振り出しに戻ります。

リードしたい東京学芸は6回、四球と相手のエラーが重なり二死二三塁とすると、続く打者は萩原(2年/狭山ヶ丘)。フルカウントまで粘り、6球目。振り抜いた打球は右中間を破る長打となり、2人が生還。試合の均衡を破ります。さらにその後、再び四球とエラーが重なり2点を追加。6-2とリードを奪います。

萩原(2年/狭山ヶ丘)

一方守備では、6回から一條(2年/藤代)が登板。試合を重ねるごとに上がっていく一條の球速、球威。一條から放たれる球に相手打線は手も足も出ません。8回まで1人の出塁も許さず、貫禄のピッチングを見せます。

8回に1点を加え、迎えた9回表。一條の勢いは止まりません。しかし思わぬハプニングが一條を襲います。先頭打者が振り抜いた打球が一條の足を直撃。軌道が変わり、あわや二遊間を抜けるかと思われましたが、その打球に対して、すかさず佐藤(2年/福島)が反応。佐藤が見事なフィールディングを見せ打球を捌き、1アウト。守備が光るファインプレーで魅せます。さらに続くは4番打者。一條は強気のピッチングを見せ、見事相手を投ゴロに打ち取り、2アウト。

一條(2年/藤代)

あと1人、ここで中野監督は驚きの采配を見せます。リーグ戦直前に怪我をし、戦線から離れていた加藤(4年/吉田)。その加藤が1ヶ月ぶりにマウンドへ戻ってまいりました。学芸の左のエースが復調を予感させるピッチングで締めくくり、試合終了。見事7-2で勝利致しました。

加藤(4年/吉田)

試合後のミーティングでは、先制されても焦らずに攻撃ができたことが評価された一方、守備の面では送球の精度を高めることが課題として挙げられました。

今日の試合は、先制される展開になっても焦らず、じっくり勝負どころを見極められたことが勝因の一つであったと思います。打ち急がず、自分の打つべき球を決め、待つ。決め球が来たら振り抜く。当たり前のことをしっかり行い、粘り強く戦って行くことがチャンスを引き寄せることにも繋がると思います。残り3戦、油断ならない相手ばかりですが、自分たちの野球をしっかりできるよう努めてまいります。
また、5月も後半に差し掛かり、暑さも徐々に厳しくなってまいりました。体調管理をしっかり行い、リーグ戦を戦ってまいります。応援の程、よろしくお願い致します。

☆次の試合
春季リーグ戦 vs東洋学園大学
13:00PB @岩槻川通り公園野球場

試合会場が変更となりました。観戦につきましては、詳細が分かり次第お知らせいたします。ご理解の程、よろしくお願い致します。
また弊部Twitterでは、リーグ戦期間中毎試合、試合速報を行っております。こちらを通して、リアルタイムで応援していただけましたら幸いです。
次戦も応援よろしくお願い致します!

(3年/マネージャー/小黒寧々)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)