10/2(土) R3秋季リーグ戦 vs創価大学①

こんにちは。昨日の秋季リーグ戦、対創価大学の試合結果をご報告致します。

〈スコア〉
学芸|000 001 000|1
創価|000 000 101×|2×

〈メンバー〉
1.(右→中)市原(8裏)
2.(三)芝
3.(DH)迫田
4.(二)西脇
5.(一)武者
6.(左)勝木→(左)西澤(8裏)
7.(中)三宅→(PH)埴田(8表)→(右)萩原(8裏)
8.(捕)三谷
9.(遊)佐藤
投.一條(8.1/3回)

先日悔しい敗戦を重ねた東京学芸。今日の一戦にも気合が入ります。

東京学芸、本日の先発は一條(2年/藤代)。今日の一條は制球力が光り、堂々と投げ込んでいきます。初回、連打と四球で満塁のピンチを作りますが、ものともせずに切り抜けると、以降はテンポ良く投げ進めていきます。2回、3回は三者凡退。4回と5回は走者を出すものの後続をしっかりと断ち、5回まで4安打無失点と、強力打線相手に臆することなく立ち向かっていきます。

一條(2年/藤代)

対して攻撃は、一部屈指の好投手を前に上手く対応することができません。常時140km/hを超えるストレート、多彩な変化球に翻弄され、初回は三者連続空振り三振。その後も、武者(2年/小松川)、西脇(3年/小山台)が安打を放つものの、ピンチでギアを上げる相手投手に対し後続が続かず、5回まで2安打無得点と完全に抑えられてしまいます。

西脇(3年/小山台)

空もすっかり暗闇に包まれた6回表。学芸の先頭は迫田(1年/春日部共栄)。その2球目、待ち構えていたかのようにストレートをセンター前に弾き返して出塁、学芸ベンチに一筋の光が差し込みます。さらに続く西脇の犠打、武者の2本目の安打で一死一、三塁。初めて三塁まで走者を進めます。絶好のチャンス、ここで打者は今季リーグ初出場の勝木(1年/文京)。その初球、スクイズを仕掛けますが、さすがは百戦錬磨の相手バッテリー。大きく外され、失敗。万事休すかと思われましたが、なおも二死二塁。勝木はここで終わりません。2ボール1ストライクからの4球目。迷いなく振り抜いた打球はレフト前へ。リーグ戦初安打を決め、二死一、三塁。さらに続く三宅(4年/金光学園)も死球を浴び、根性で出塁します。

迫田(1年/春日部共栄)

二死満塁、この大チャンスで打者は三谷(3年/下妻第一)。ここまでの試合、何度もチャンスの打席で凡退し、辛酸を舐めてきた三谷。バットを持つ手にもいつも以上に力が入ります。ベンチも固唾を飲んで見守る中、迎えた4球目。

三谷(3年/下妻第一)

高く浮いた変化球を見逃さず完璧に捉え、三塁走者が生還。学芸ベンチ・スタンドは歓喜に包まれます。待ち望んでいた先制点を奪ったのは東京学芸。ついに均衡が破られます。

武者(2年/小松川)

この先制点に後押しされ、一條の投球も勢いを増していきます。しかし7回、野手の失策と自身の牽制悪送球も絡み1失点。試合は振り出しに戻ります。ミスによる失点、しかし一條はこの悪い流れを自ら断ち切り、最小失点に留めます。8回は野手の好プレーも飛び出し、しっかりと三者凡退で抑え、打線の援護を待ちます。

なんとか1点をもぎ取りたい学芸打線でしたが、代わった相手投手に対応することができません。伸びのあるストレートに振り遅れ、三振や詰まった当たりが目立ちます。そんな中、8回には西脇が2本目の安打を放ち出塁するものの後続が続かず。9回には佐藤(2年/福島)が四球を選び出塁するものの、やはり後続が続かず。1対1、緊迫した状態が続く中、9回裏の守備へ移ります。

どうにか0点で抑え、10回から始まるタイブレークにもつれ込みたい学芸ナイン。しかし、この回先頭打者に安打を許し出塁させると、野手が打球処理に手間取る間に二塁進塁。無死二塁とサヨナラの走者を出してしまいます。その後申告敬遠で塁を埋めるものの、送りバントを決められて一死二、三塁に。さらに申告敬遠で満塁策を取り、備えます。
マウンドの一條も緊張した面持ちで打者を迎えます。ストレート先行で投げ込む一條。しかし相手打者もボールを見極めていきます。

カウント3ボール1ストライクからの5球目。一條は渾身のストレートを投げ込みます。しかし、球審の右手は上がらず。無情にもグラウンドには相手ベンチの歓喜の声が響き渡り、ゲームセット。

劇的な幕切れ。サヨナラ押し出し四球で試合終了。善戦したものの、あと一歩勝利には届きませんでした。一條が良いピッチングを続けていただけに、非常に悔しい敗戦となりました。

「気持ちで負けない」ということをテーマに戦った昨日の試合。上位チーム相手にも互角以上の気持ちで向き合うことができたと思います。しかしながら、要所要所でのミス、チャンスでの一本が出ないなど勝ち切ることができない原因はいくつかありました。当たり前のことを当たり前にこなし、やるべきことを一つずつ積み重ねた先に勝利があるのだと思います。昨日の課題を今日に活かし、勝利を掴み取れるよう戦って参ります。

また、昨日は加藤(4年/吉田)のご家族、R2卒のOBの方々から差し入れをいただきました。ありがとうございました。

本日も応援よろしくお願いいたします。

(3年/マネージャー/小黒寧々)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)