春季リーグ戦 第5週 VS創価大①

本日の試合結果です。

学芸 000 000 000 0
創価 000 000 22× 4

小泉-飯田

二塁打 渡辺

以上のように、創価大学との1回戦は0-4で敗れました。

本日の試合は、初回、1番飯田のセンター前ヒットで始まります。しかし、2番金子が送りバント失敗。3番蓑・4番橋本のバットからも快音は聞こえず、この回無得点に終わります。

一方、守備では、小泉が順調な立ち上がりを見せ、初回は打者3人できっちり抑えます。

2回表には、5番渡辺が二塁打を放ちチャンスをつくり、3回表には、先頭の松下がセンター前ヒットで出塁し再びチャンスをつくるものの、ホームは遠く・・・。

出塁はするものの、なかなか得点に結びつけることが出来ない攻撃陣をよそに、先発の小泉は、ランナーを出しても落ちついた投球で、相手にホームを踏ませません。
両チーム、一歩も譲らぬまま試合は進んでいきました。

再び試合が動き始めたのは、6回以降。
学芸の攻撃は、1番飯田。ヒットで出塁すると、続く2番金子もセンターへのヒットでノーアウト1・3塁とチャンスを広げます。このチャンを何とか得点に!!と誰もが思っていましたが、またもホームが遠く、チャンスを生かせず6回終了。

7回表も無得点に終わると、その裏、ここまで無失点に抑えてきた小泉が創価打線につかまり2失点。8回にも2点を与えてしまい、4-0に・・・。

8・9回は出塁することも出来ぬままゲームセット。

リーグ内でも力のある創価大学と、6回まで互角に戦えたことは、このチームにとって大きな収穫ではないでしょうか。しかし、先頭打者が出塁してつくった再三のチャンスをものに出来なかったこと、チャンスで一本がでなかったことは、反省すべき点であり、今後の課題だと思います。

試合後の、選手たちの悔しそうな顔・・・。明日は笑顔に変わることを期待します。

気が付けば、平成20年度春季リーグ戦も、残り2カードです。
悔いの残らないような戦いをしてほしいと思います。

明日も、同じく岩槻川通り公園野球場にて、10時30分より第一試合 VS創価大②が行われます。
是非、球場に足を運んで頂けたら・・・と思います。明日もチーム一丸となって戦いますので、どうか応援よろしくお願い致します。

本日は、温かいご声援ありがとうございました。


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)