国公立戦 決勝

更新が遅れてしまい、申し訳ありません。

7/6(日)に行われました国公立戦の結果を掲載します。一橋大学グランドで東京工業大学との対戦でした。

学芸大 100 002 704  14
東工大 001 003 200   6

学芸大 伊藤(将)、木村、杉町-次郎丸、扇原
東工大 愛木、小寺、小又-佐川、五十嵐

5回までは投手戦になるものの、6回からは点の取り合いとなりました。
攻撃面では、初回1番稲葉、2番伊藤(知)の連続2ベースヒットで1点、6回相手の四球による押し出しなどで2点、7回には5本のヒットと4つの四死球により一挙7点。9回には5番松下の2ランホームランなどで4点を取り、計14点。

守備側では3回ワイルドピッチで1点、6回は4死球も絡み3失点。7回は杉町がよく投げるも守備の乱れもあり2失点。

結果として8点の差をつけての試合となりましたが、走塁、守備の面でミスも多く見られました。これからの練習に向けて選手には課題が見えた試合だったと思います。

チームとしては、2年ぶりの国公立戦優勝となりました。これからも頑張って参りますので、応援よろしくお願い致します。


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)