-春季リーグ戦vs東京国際大学②-

IMGP2351
本日は、東京国際大学との2戦目が行われました。
結果はトップページにも示した通り、8-8の引き分けとなりました。

国際 201 100 022 8
学芸 160 000 010 8

小泉(3・1/3回)、柴田(5・1/3)、鈴木(1/3)-次郎丸

二塁打:松下(3年:七尾)
三塁打:蓑(4年:藤島)

 2回、蓑の三塁打でチャンスをつくると、松下が二塁打で続き同点に追いつきます。その後、ヒットや四球が絡んで満塁にすると、金子(4年:羽黒)がライトへのヒットを放ち、3点追加。この回、一挙6得点。このまま流れを掴んだかに見えましたが、3回以降は相手投手に抑えられ、追加点を奪えません。何度となく訪れるピンチを全員の力で何とかしのぎ続け1点を追加し、2点リードでむかえた9回の守り・・・。二死から四球とヒットで2点を返され、再び同点に。9回裏の攻撃も攻めきれずに終わってしまい、3時間を超える緊迫した戦いは、引き分けで終了しました。

 負けることが許されない試合だっただけに、序盤のリードを守りきれず悔しい思いをしましたが、明日こそは、全員の力で勝利を奪いにいきたいと思います。
 明日も、変わらぬ温かいご声援を宜しくお願い致します。

【写真は、ピンチを切り抜けベンチに帰ってきた選手たち】


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)