-秋季新人戦 vs東京国際大学-

 更新が遅れてしまい申し訳ございません。
昨日行われました、新人戦・準決勝の試合結果をお知らせ致します。

平成21年度秋季新人戦・準決勝 埼玉県営大宮公園野球場

学芸 000 000 210 3
国際 000 021 01x 4

▼バッテリー
 杉町(5回)加藤(1回)木村(2回)-工藤

二塁打:工藤(1年:船橋)

1(右) 渡部(2年:相馬)
2(二三)花本(2年:時習館)
3(中) 真崎(2年:佐賀北)
4(捕) 工藤(1年:船橋)
5(三遊)尾形(1年:八戸)
6(一) 佐田(1年:金沢泉丘)
 (打) 平田(2年:日比谷)
7(左) 今村(1年:錦江湾)
8(指) 小川(2年:白陵)
 (打) 尾見(1年:中央大附属)
9(遊) 宮田(1年:延岡)
 (打) 立見(2年:前橋)
 (走) 大平(1年:弘前)
 (二) 和田(1年:岡山城東)
 (投) 杉町(2年:致遠館)
     加藤(1年:安房)
     木村(2年:金沢泉丘)

 以上が試合結果となっております。

 この試合、先発したのは、前日の共栄戦でも登板した杉町でした。序盤、ランナーを背負いピンチの場面でも落ち着いた投球を見せます。2戦目ということもあってか、守備陣も、落ち着いたプレーを見せてくれ、きっちりとアウトを重ねていきます。一方で、攻撃面では、初回からチャンスを作るも相手投手の粘りの投球にあと一本が出ず、なかなか得点を奪えません。
 先制点を与えてしまい、3-0でむかえた7回表。ヒットと相手の失策も重なり、2点を返します。8回にも1点を加え、3-3の同点に!!
何としても勝ちたい・・・という全員の思いが一つになり、終盤で追いつくことが出来たように思います。
 ですが、またも試合が動いたのは、同点に追いついた直後でした。走者を出すも、粘りの投球を見せる木村を守備陣が援護できず、1点を失ってしまいます。これが決勝点とり、4-3のまま試合終了。
 前日の再現・・・とはいきませんでしたが、チーム一丸となり、最後まで期待が持てる試合だったように感じます。
 
 新人戦は、準決勝敗退という結果に終わりましたが、結果以上に収穫の多い2日間となったのではないでしょうか。
 今後の1・2年生の活躍にも、是非ご期待下さい!!
 
 この2日間、球場に足を運んで下さった方々、遠くから温かなご声援を送って下さった皆様、本当にありがとうございました。


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)