秋季リーグ戦 対共栄大学 三回戦

本日行われましたリーグ戦の結果を報告させていただきます。
対共栄大学(岩槻やまぶきスタジアム)

共栄000 000 021 3
学芸000 010 000 1

木村-次郎丸

二塁打:工藤

1(右)河村
2(中)真崎
3(左)渡部
4(捕)次郎丸
5(遊)尾形
6(三)田部井
7(指)工藤
8(一)杉町
9(二)増田

学芸の先発木村は、初回に二本のヒットと自らのエラーで一死満塁のピンチを招きます。しかし、続くバッターを投ゴロに打ち取り、ダブルプレーでこのピンチを切り抜けます。木村は、その後も毎回走者を背負う厳しい投球が続きますが、要所を締める投球で相手打線を抑えていきます。試合が動いたのは五回。それまで相手投手を打ち崩せずにいましたが、無死から七番工藤が左中間への二塁打で出塁し、続く杉町がバントで送ります。そして、一死三塁となったところで増田のスクイズが成功し、待望の一点が入ります。この一点を守りきりたい木村でしたが、疲れが見え始めた八回に相手打線につかまります。四球と送りバントで一死二塁とされると、右中間へ三塁打を打たれ同点に追いつかれます。さらに、続くバッターにもスクイズを決められ勝ち越しを許します。木村は九回にも一点を奪われてしまい 、打線も五回以降チャンスらしいチャンスを作ることが出来ず、惜しくも逆転負けとなってしまいました。


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)