部員ブログ第十一回

こんばんは。寒い日が続いていますがみなさんいかがお過ごしでしょうか?
今回のブログは東北は岩手県矢巾町から参りました生涯スポーツ一年の外野手、山崎将人(盛岡一)が担当いたします!

さて、2010年も残すところあと十日程となりましたがみなさんどんな一年だったでしょうか?
僕は今年一年を振り返ると、新しい環境、チームメイトと共に大学野球という新たな舞台のスタートとなる忘れられない一年となりました。初めて大学野球のレベル、緊張感を肌で感じた春季リーグ、強化練習を経ての秋期リーグでは苦しい戦いが続きましたが最終カードで国際から勝ち点を上げたときのベンチとグラウンドの一体感、感動は今思い返しても鳥肌が立ちます…
そして現在は春季リーグAクラス入り、そして全国大会出場へ向けて個のレベルアップを目標に厳しい練習が続いておりますが全員が高い意識、モチベーションを持ち取り組んでおります。僕自身この学芸野球部に入って野球について考える機会がとても増えました。
「全ては春季リーグのために…」

厳しい冬を越えた学芸野球部は来春一回りも二回りも成長した姿をグラウンドで皆さんにお見せできることでしょう!!

2010年は最初から最後まで話題を市川海老蔵に持ってかれましたが2011年は学芸野球部の年になること間違いありません!応援よろしくお願いします!

次のブログはいよいよ最後の一年生となりました、餃子とレモン牛乳で育った栃木出身の楡木(にれぎ)くんお願いします。
彼の食べる早さに注目!!


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)