OP戦 対千葉大学

返信が滞ってしまい誠に申し訳ございません。
2月28日から千葉県袖ヶ浦市にて七泊八日の合宿が行われ、本日千葉大学とのオープン戦が行われました。

結果をご報告させて頂きます。

対千葉大学(千葉大学グランド)

学 芸100 202 500 10
千葉大001 003 130 8

バッテリー:池田、松井(七回~)、楡木(八回1/3~)ー工藤、佐田

1(一)川島
(守)今
2(遊)尾形
3(右)今村
4(捕)工藤
(守)佐田
5(三)杉町
6(左)加藤陽
7(指)平田
(打)小川
8(中)山崎
(守)尾見
9(二)宮田
(打)和田

学芸は初回、川島、尾形の二連打で無死一、二塁のチャンスを作ります。そして、三番今村がライトへヒットを放つと相手守備のエラーが重なり幸先良く一点を先制します。四回には今村の三塁打や加藤陽のヒットなどで二点、六回にも平田、山崎の連打で二点を追加します。
先発の池田は、三回にパスボールで一点を失いますが、打たせて取る投球で相手打線を抑えていきます。しかし、疲れが見え始めた六回に四本のヒットを浴び、三点を失ったところでマウンドを降ります。なんとか点差を広げたい打線は、七回に今、杉町の三塁打や小川の二塁打で五点を加えます。七回からは松井が登板します。松井は、なかなか制球が定まらず、四球で招いたピンチからタイムリーを浴び七回、八回で計四失点してしまいます。しかし、後を受けた楡木が一死一、二塁のピンチで二者連続三振を奪い、悪い流れを断ち切ります。そして、楡木が九回も無失点に抑え、学芸の勝利となりました。

<明日の試合予定>
3月6日(日)
対城西国際大学(城西国際大学グランド)
13時試合開始予定


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)