OP戦 対明治大学

3月8日に予定されていました東海大学とのオープン戦は、グランド不良のため中止となりました。
ご報告が遅れてしまったことをお詫び申し上げます。

3月9日のオープン戦の結果をお伝えします。

対明治大学(明治大学野球場)

学芸000 000 010 1
明治100 010 00/ 2

バッテリー:木村、池田(8回~)―工藤

1(指)川島
2(遊)尾形
 (守)久世
3(右一)今村
4(捕)工藤
5(左)渡部
6(三)杉町
 (打)小川
7(一)今
 (打右)加藤陽
8(中)大平
 (打)中村
9(二)宮田

 学芸の先発は、今季オープン戦初登板の木村。初回、二連打と四球で一死満塁のピンチを招きます。ここで、センター前ヒットを許し一点を先制されてしまいます。なおもピンチは続きますが、後続を内野ゴロと三振で打ち取り、最少失点で切り抜けます。木村はその後立ち直り、毎回三振を奪う好投を見せ、4回まで0点に抑えていきます。 木村の好投に応えたい打線でしたが、なかなかヒットが出ず得点することができません。四死球で出たランナーも牽制死で刺されるなど、チームに嫌なムードが漂います。そして5回、木村が二死から四球を出すと、続く打者に三塁打を打たれ一点を追加されてしまいます。
 学芸にチャンスが訪れたのは八回。七番今が四球で出塁、相手投手の暴投などで二死三塁とします。ここで、一番川島がセンターへタイムリーヒットを放ち、一点を返します。なおも二者連続四球で、満塁のチャンスを作ります。しかし、続く打者が内野ゴロに倒れ、逆転のチャンスを逃します。学芸は9回も得点することができず、1対2で敗戦となりました。

<次戦の予定>
3月12日
対国際武道大学(国際武道大野球場)
13時試合開始予定


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)