OP戦 対武蔵大学

更新が遅くなりまして申し訳ありません。
本日行われました武蔵大とのオープン戦の結果を報告いたします。

対武蔵大学(飯能市民球場)

武蔵 002 100 004 7
学芸 000 010 010 2

バッテリー:木村(6回1/3)、楡木(2回)、池田

1(左)渡部
2(一右)今村
3(指)川島
4(捕)工藤
5(右)中村
(打)平田
(一)今
6(三)杉町
7(四)和田
(打)佐田
(守)井上
8(遊)宮田
9(中)真崎

学芸の先発は木村。1,2回と上々の立ち上がりを見せるも、3回、内野安打での出塁を許すと、味方のエラーが重なり、2点を先制されます。続く4回には先頭打者に本塁打を浴びるも、その後は粘りのピッチングで追加点を許さず、計3失点でマウンドを楡木に譲ります。

2点を追う学芸は5回、四球で出塁の真崎を一塁に置き、渡部がレフト前へヒット、相手のエラーも重なり、一死一、三塁のチャンスを作ります。ここで川島が三遊間へしぶとく運び相手のエラーを誘い、1点を返します。
さらに8回、先頭の今村が左越えにツーベースを放ちチャンスを作ると、四球、相手のエラーも重なり1点を追加、なお無死ニ、三塁のチャンスが続きます。しかしここで三者連続で三振に倒れ、逆転のチャンスを逃します。

9回、学芸はエラーで先頭打者に出塁を許すと、ここから武蔵打線につかまり、一挙に4失点、試合を決定づけられます。
結局、7-2で敗戦となりました。

リーグ戦が近付くなか、なかなか勝ちきれない試合が続いていまが、もう一度勝利への気持ちを強く持ち、学芸らしい野球で勝利を目指していきます。

明日のオープン戦
対大東文化大学 13:00~(大東文化大学グラウンド)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です