OP戦 対大東文化大学

更新が遅くなりまして申し訳ありません。
昨日行われました大東文化大学とのオープン戦の結果を報告させていただきます。

対大東文化大学(大東文化大学グラウンド)

学芸 030 000 020 5
大東 010 000 100 2

バッテリー:新井(6回)、加藤(2回)、楡木―工藤

1(左)渡部 
2(遊)尾形
3(一右)今村
4(捕)工藤
5(指)川島
6(三)杉町
7(右)中村
(一)今
8(二)宮田
(打)平田
(走)大平
(守)和田
9(中)真崎

学芸は2回、エラーで出塁の杉町を置いて、中村がレフトへのタイムリーを放ち、幸先良く1点を先制します。さらに真崎がヒットで続き、続く渡部のセンターへのタイムリーで2点を加えリードを3点に広げます。

学芸の先発は今シーズン初登板の新井。
リードをもらった2回、本塁打を浴び1点を返されますが、その後3回から6回はすべて三者凡退で切る危なげないピッチング。流れを学芸に引き寄せます。

7回からは同じく今シーズン初登板となる加藤がマウンドに上がります。先頭打者にエラーで出塁を許すと、その後送りバント、牽制悪送球で一死三塁とピンチを迎え、ここで犠牲フライを打たれ失点、1点差に詰め寄られます。

しかし8回、エラーで出塁のランナーを置いて5番川島が右中間へのスリーベースを放ち1点を返すと、さらにワイルドピッチで1点を追加。

その後は加藤、また最終回に登板の楡木が相手打線を抑え、5-2で勝利。オープン戦久々の勝利となりました。

昨日の試合をもちまして、当初予定されていたオープン戦は終了しましたが、リーグ戦の日程変更に伴い、数試合オープン戦が組まれる予定です。日程が決まり次第お知らせいたします。


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)