OP戦 対一橋大学

更新が遅くなりまして申し訳ありません。
7日に行われました一橋大学とのオープン戦の結果を報告いたします。

対一橋大学(一橋大学グラウンド)

一橋 002 000 000 2
学芸 030 004 00x 7

バッテリー:松井(1回)、池田(6回)、阿部(2回)―工藤(7回)、佐田(2回)

1(左)渡部
2(ニ遊)尾形
3(指)川島
 (打)平田
4(捕)工藤
 (守)佐田
5(一)今村
 (打)今
6(三)杉町
7(右)中村
 (守)大平
8(遊)久世
 (打)小川
 (ニ)井上
9(中)真崎

学芸は2回、ヒットで出塁の杉町を置いて真崎がセンターへタイムリーを放ち1点を先制。さらに渡部のセンターオーバーの3ベース、怪我から復帰の尾形のタイムリーも続き、計3点を先取します。

学芸先発は松井。1回を無失点に抑えます。2回からは池田が登板。
4回、先頭打者にエラーで出塁を許すと、ヒット、送りバントでピンチを広げられ、ここで死球、さらに押し出し四球と続き1点を返されます。その後に内野ゴロの間の1点も加えられます。

反撃したい学芸打線は6回、一死から真崎が二本目のヒットで出塁。ここで渡部のヒット、尾形のタイムリー、平田のヒットと連続ヒットが生まれ、さらに今村がタイムリーを放つなどしこの回一挙4点を奪います。

8回からは一年生の阿部(山口:華陵高)が登板。
8,9回と6者連続三振にとって切り、試合を締めくくりました。

怪我人の復帰など明るい材料も増えてきている中、いよいよ残すところオープン戦も残り一試合となりました。
大切に戦い、リーグ戦に弾みをつけたいと思います。
リーグ開幕まであと7日!!

<明日のオープン戦>
対国際武道大学 13:00~
(国際武道大学グラウンド)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です