OP戦 対国際武道大学

本日行われました国際武道大学とのオープン戦の結果を報告させていただきます。

対国際武道大学(国際武道大学グラウンド)

学芸 002 100 000 3
武道 001 030 20x 6

バッテリー:木村(4回)、加藤(2回0/3)、阿部(2回)―工藤

1 渡部(左)
2 尾形(遊)
3 川島(指)
4 工藤(捕)
 佐田(打)
5 今村(一)
6 杉町(三)
7 中村恭(右)
 中村三 <1年 埼玉:春日部東高>(打)
 大平(守)
8 宮田(ニ)
 平田(打)
 井上(守)
9 真崎(中)

学芸は初回、先頭の渡部がヒットで出塁すると尾形もヒットで続き、さらに続く川島が送りバントで一死ニ、三塁のチャンスを作ります。
しかしここで工藤、今村と連続三振に倒れ、先制のチャンスを逃します。

学芸の先発は木村。1,2回と出塁を許すも無失点で切り抜け流れをもってきます。

すると3回、それぞれ死球、内野安打で出塁の尾形、工藤をおいて、今村がレフトへのタイムリーを放ち1点を先制。さらに続く杉町もライトへのタイムリーを放ち、この回2点を奪います。

しかしその裏、好投を続けてきた木村はエラーで出塁のランナーをおいてタイムリーを許し1点を返されます。その後は4回まできっちりと抑え、マウンドを加藤に託します。

4回の学芸の攻撃、四球で出塁の宮田をおいて、尾形がレフトへのタイムリー。1点を追加します。

ところが5回、マウンドに上がった加藤の制球が定まらず、フォアボールで溜めたランナーをヒットで返され、一挙に3失点、逆転を許します。
7回にもヒット、フォアボール、ヒットで2点を追加され、マウンドを1年の阿部に託します。
阿部はなお無死三塁のピンチを無失点に切り抜けます。さらに続く8回も三人で切って取り、2試合続けての好投を見せます。

反撃したい学芸打線は、4回以降ヒットは出すものの点には至らず、そのまま敗戦となりました。

最後のオープン戦ということで勢いをつけたいところでしたが、惜しくも敗戦となってしまいました。
開幕まで1週間を切る中で、各自がチームのためにできることをしっかりと考え、勝利へ一致団結して向かっていきたいと思います。

オープン戦の結果報告をご覧いただきましてありがとうございました。次の結果報告はリーグ戦の報告となります。
1試合でも多く、勝利の報告がこのブログでできるよう、精一杯頑張ってまいります。ご声援、よろしくお願いいたします。


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)