春季リーグ戦 対共栄大学一回戦

本日行われましたリーグ戦の結果をご報告いたします。

対共栄大学(岩槻川通公園野球場)

学芸 302 100 000 6
共栄 000 000 000 0

バッテリー:木村-工藤

1(左)渡部
2(遊)尾形
3(指)川島
 (走)山崎
4(捕)工藤
5(一)今村
 (守)今
6(三)杉町
7(右)中村(恭)
 (打)平田
 (走)大平
8(ニ)宮田
 (守)井上
9(中)真崎

二塁打:杉町
三塁打:今村、杉町
本塁打:真崎

いよいよ春季リーグ戦が開幕。
学芸は初回、先頭の渡部がヒットで出塁すると、尾形もヒットで続き、無死一、ニ塁のチャンスを作ります。
続く川島は倒れますが工藤が四球を選び満塁。ここで今村がセンターへの2点タイムリーヒット。
幸先良く先制すると、続く杉町がライト横への2塁打。もう1点を加え、初回から3点のリードを奪います。

さらに3回、今村が三塁打を放つと、相手エラーもあってそのままホームを踏み、1点を加えます。
ここで続く杉町もライトへの三塁打。宮田のセンター前タイムリーで生還し、3回までに5点のリードを奪います。
そして4回、先頭の真崎が振りぬいた打球はレフトスタンドへ・・・チームを引っ張る主将のホームランで、さらに1点を加えます。

5回以降は相手投手の継投の前に封じられた学芸打線ですが、学芸先発、エースの木村が初回から危なげないピッチングを披露。終わってみれば2四球10奪三振のほぼ完璧な内容で共栄打線を封じ込めました。

打線のつながりとエース木村の力投で、開幕戦に見事勝利することができました。
明日も学芸らしく泥臭い野球でなんとか勝利し勝ち点を奪えるよう、チーム全員で戦っていきます。
ご声援よろしくお願いします。


1件のコメント

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)